2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP


正月休み最終日(4日)は・・・
遅ればせながら、【デイジー】視聴しました。










その年の秋、 アムステルダム... 火薬の臭いが立ちこめたような冷たい魂と
冬の日差しのように暖かい魂がある女の前で出会った

個人展示会を準備しながら広場で肖像画を描く画家へヨン(チョン・ジヒョン)。
不慣れな都市アムステルダムで彼女を支えてくれるのは初恋の思い出だけだ。

顔も見られなかった、 でも最も美しいときめきをくれた彼に、
ヘヨンはデイジーの花の絵をプレゼントし、 まるでその返事かのように
デイジーの鉢が毎日配達されてくる。
そんな中いつも同じ時間に肖像画を描きに来る男がいる。
奇妙な印象を受けるヘヨン....

彼は国際警察ジョンウ。 任務遂行の中でヘヨンに近付いただけだ。
しかし、 会ううちにジョンウはやはり清らかで純粋なヘヨンに魅せられる。
彼女が待っていたのは自分ではないことを知るが、
彼女を失うかも知れないという恐ろしさから真実が告げられない。

ヘヨンが待っていた男、
しかしヘヨンとジョンウの愛を苦しみ見守るしかない男パグィ(チョン・ウソン)。
人としての感情を持ってはいけない殺し屋の身ゆえ彼女から隠れるしかないパグィは、
彼らの幸せな姿を苦い思いで見つめる。
しかし、 苦しい愛は簡単には終わらない...

1人の女の前を交錯する2人の男の運命、 しかし最も驚くべき悲劇は、
パグィに暗殺ターゲットとしてジョンウの写真が送られてきて発生する....。


監督:ユ・ウィガン
出演:チョン・ジヒョン(画家ヘヨン役)、チョン・ウソン(殺し屋パグィ)、 イ・ソンジェ(国際警察ジョンウ)


あらすじ出処:inolifeより





★日本公式サイトはこちら。











実はこの映画は、『食わず嫌い』だった私。(;・∀・)
オランダが舞台で、なおかつ撃ち合いあり・・・って・・・
どうも海外を舞台にした映画やドラマは
「見よう!」と思うまでに長く時間がかかるタイプなのかも。
それでも、タイトル通り『デイジー』の花がキーワードになっているので
気になってはいたんですがね^^
舞台がオランダというだけあって、異国情緒溢れるまるで絵画のような素敵な風景も満載でしたよ♪

前半は、またしても一度あまりにも眠くて寝てしまいました。。。(;´д`)
でも、ジョンウ(イ・ソンジェ)の怪我が回復し、ソウルから戻りヘヨンと再会した辺りから、
面白くなってきて 結局、最後まで目が離せずに一気に視聴。

前半はヘヨンとジョンウとの絡みが多く、映画のポスターは3人のハズなのに
「あれ?もしかしてチョン・ウソンって脇役?」・・・と思ったら、
とんでもない!((-ω-。)(。-ω-))フルフル
ちゃんと、後半でバッチリ存在感を示してくれています。





殺し屋、そしてヘヨンへのひたむきな愛を示すパグィを演じるチョン・ウソン・・・。
やはり、かっこいいです~。(〃 ̄ー ̄〃)
この映画では、自分をあまり表に出さない、想いを内に秘めた役なのですが(声も低く抑え気味だし)
最初、「ストーカーか?」と思いました。(^-^;
でも、もうひとつの顔=殺し屋の撃ちあいのシーンなどでは
( ゚Д゚) ホー!と唸るように(爆)かっこいい!
本格的なアクションシーンは初めて見ましたが、サマになっています。
最近では、ハリウッド進出などの話題もありますが 
それもうなずけるような俳優さんなのかな・・と改めて思いました。





そして 犯人を挙げる為の張り込みでヘヨンを利用し、
いつのまにかヘヨンを愛する国際刑事ジョンウを演じたイ・ソンジェ。
この方は、ソン・スンホン&キム・ハヌルでお馴染みの映画【氷雨】でしか
見た事がなく、その作品でもいい味を出していたのだけれど
この映画でも、かなりいい味を出してくれています。
素朴で優しげな顔立ちで、見ていてホッとする俳優さん?と感じます。





そして二人の男の間で翻弄される画家へヨンを演じる、チョン・ジヒョン。
いつも思うのだけど・・・
ファンの方には怒られちゃうかもしれないけど、特別、美人だって思わないんですよね。
でも、表情が凄く良い・・というか、その作品によっても違うと思うんだけど
ふとした表情に惹きつけられる魅力を持った女優さんだな~と思います。




撃ちあいのシーンが多いこの映画だけど
タイトルにあるように【デイジー】の花がソレを柔らかくカバーしているような気が。

この映画を見終わったら、
【デイジー アナザーバージョン】(殺し屋パグィの視点から描いたもうひとつのバージョン)も
気になるところであります。






2007-01-06 00:59 / Comment:12 TrackBack:1   ▲ TOP

KUMAちゃん!
今年は初めから飛ばしてるねーーーーー≡3
映画は2時間位で見れるから・・・ドラマより入りやすいよね!!
「デイジー」は試写会に当たって公開前に見ました。
オランダで撮影!だけあって。。。
田園風景や街並みがきれいだったよね(^.^)b
この映画それぞれの視点から見た話の進め方だったから
最初よく解らなかった記憶があるけど・・・
イ・ソンジェ・・・あっ!「氷雨」の人!!!!
どこかで見たような気がしたんだよね^^ゞ
でも「氷雨」まだ見てない(ーー;)
チョン・ウソンはシブくてカッコ良かった~
チョン・ジヒョン。。。独特な雰囲気を持ってるというか
惹きつけられるものを持ってるよね~

実はこの試写に韓流にハマってない姉を連れて行ったんだけど・・・
いまいちだったようで(-.-)
選択間違えたかな???
あははっ~(~_~;)






By . manami : URL  2007-01-07 Sun 00:01  [ Edit ]


manamiちゃん あんにょん!
え・・・飛ばしてる?(o ̄ー ̄o) ソウカモ・・・。
見たらスグに感想書かないと 忘れちゃうので
なるべく今年は見たらスグにUPしようかと思ってるんだ!
この映画、集中して見ないと、ホントにわからないかも。。
【デイジー】は多分、好き嫌い分かれると思うから
韓流に全く興味ない方は、どうなんだろう?
ちなみに、私のよく行く美容院のおネエちゃんは
【頭の中の消しゴム】見て、思いっきり感動&チョンウソンかっこいい!と
言いまくってました。(あまり韓国に興味ない人)

By . KUMAKO : URL  2007-01-07 Sun 11:45  [ Edit ]


映像がとてもきれいだよね~。
海外ロケ贅沢ね~。
チョン・ジヒョンは、やっぱり存在感あるね。
出演作では「イルマーレ」一番好きかな~♪

By . megu : URL  2007-01-07 Sun 15:27  [ Edit ]


そそ!花のシーンや建物自体が絵にるような感じで
『オランダ』って感じがしたよ~。
ホント、贅沢だ!(○`ε´○)ノ
【イルマーレ】まだ見てないんだ。良いらしいよね。(⌒~⌒)

By . KUMAKO : URL  2007-01-07 Sun 21:29  [ Edit ]


kumakoちゃん 続けて米~です
遅くなったのだぁミアネ~ミアネ~v-356
デイジーは見たよん 2回もこれまたウソンファンのチングのお陰で試写会とv-353アナザーバージョンv-353
アナザ~の方が数倍いいね~
ウソンって~サンウ~がv-354尊敬するactorに挙げてたよね^^
元々監督志望だから~ね 根っからの映画人なんだよ~
サンウ~もいい作品v-160あ~こればっか
でも祈るよv-421“いい作品に出会いますように”
では~またね

By . haru~ : URL  2007-01-09 Tue 03:22  [ Edit ]


haruちゃんは【アナザーバージョン】も、既に視聴済なのねん!
結構、試写会行ってるね~!いいな~^^
アナザーの方が数倍良いと?!___φ( ̄^ ̄ )メモメモ・・・
あ~、ウソンって監督志望か~。将来的には実現しそうだね。
ウソンのアクションは見たことあるつもりでいたけど
意外とコレが初めてで、
違う面を見ちゃったような気がしたよん^^

By . KUMAKO : URL  2007-01-09 Tue 22:26  [ Edit ]


KUMAKOしゃん、アンニョーン♪
昨日は思いやりの言葉~コマスミダーv-22
「デイジー」~私もチングから借りてつい最近観ました。
私は8年位趣味で油絵を描いていました。浜省♪の似顔絵は結構評判が良かったです。
それで、この映画は初めのシーンから惹きつけられましたv-22
オランダが舞台のせいか韓国映画と云うよりもヨーロッパ映画を観ている感覚でしたよ。
韓国のドラマとか映画って海外ロケが多いよね、そして何故かその風景に溶け込んでて、違和感を感じないし、何故だろうね??
そして2人の男優さん(イ・ソンジェ、チョン・ウソン)から伝わって来る空気というかムードがとっても良かったですv-254
最後までじっくり観ました。でも銃の撃ち合いシーンは心臓に悪かったです(笑)v-27v-12
「イルマーレ」~って良いの?機会が有ったら観てみたいです(^-^)

By . エンポウ : URL  2007-01-12 Fri 20:17  [ Edit ]


エンボウさん、あんにょん♪(*´∇`*)
エェ!!(* □ )エンボウさん、油絵を8年間も?凄~~いe-266
アタシは、全くそういう芸術性がないので、尊敬しちゃうぁ^^
(だから、前半眠くなったんだろか(ーー;) )

うんうん、韓国のドラマや映画は海外ロケ多いよね。
ドラマは、海外シーンは一部でしか見る事が少ないけど
【デイジー】はヨーロッパ映画のようでした。
大人な映画だと思いましたよ^^

浜省の似顔絵も書いてらしたんですね♪見てみたいわ~~♪素晴らしいd(^-^)

By . KUMAKO : URL  2007-01-13 Sat 15:58  [ Edit ]


KUMAKOさん、「デイジー」見ました。
公開された時、気にはなっていたのだけど
いつもの事ながら気付いた時には
もう映画館ではやっていなかった・・( v ̄▽ ̄)
気になっていながらどうも題名を
「ガーベラ」と間違えちゃうのよねぇ。(私の好きな花)
この映画、静かに静かに進んでいき 最後まで
見れるかな~と思っていたら 最後 泣かされましたv-409

By . shushu : URL  2007-12-25 Tue 15:29  [ Edit ]


shushuさん 見たのね~♪
ガーベラ・・・爆!爆!≧∇≦
ガーベラって、買ってきても、スグにダメにしちゃうんだよね、私。(>_<)
一輪挿しに挿しても、どうも曲がってしまうし・・・( 性格のせい? )
この映画は、異国情緒漂う、韓ドラではない雰囲気だよね。
チョン・ウソンの出てる映画を見ると、
ついつい(〃▽〃)キャー・・となってしまう ^^;
チョン・ジヒョンは 今、日本のCFにも出てるよね♪

By . KUMAKO : URL  2007-12-26 Wed 00:09  [ Edit ]



The above comment by Chris points out exactly what Iメve been saying
about debt company fees. They are at the WRONG end of the program. In
the old days, we used to charge a very small retainer up front, but
the main fee was based on a percentage of the savings achieved during
the negotiation. So the fees were based on success, and did not interfere
with the clientメs ability to accumulate funds for some early settlements.
Nowadays, itメs a rare company that operates this way, and the result is
that very few settlements take place during the first 12 months clients
are enrolled in a third-party debt settlement program. Skip the fees! Learn
how to do this yourself. Youメll be out of debt faster, and youメll have
more control over the process.
<a href=http://mydebtmanagementonline.com>debt settlement florida</a>

By . debtsettlement : URL  2008-02-20 Wed 22:38  [ Edit ]


debtsettlement-san
I was not able to understand a meaning of the comment.
I'm sorry~ <(_ _)>

By . KUMAKO : URL  2008-02-21 Thu 09:09  [ Edit ]




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/257-f4d7ce3d

デイジー (映画)『デイジー』は、2006年の韓国映画。香港のアンドリュー・ラウ監督によって、全編オランダロケで撮影された。日本では、2006年5月27日に全国東宝洋画系で公開。東宝東和配給。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikip
映画の缶詰 2007-03-07 Wed








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。