2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP



 
   今日も、おとなしく映画鑑賞デーの一日。(;・∀・)

   大型台風4号が 物凄い勢力で列島を駆けぬけていますね。
    今日は、関東地方の方、充分お気をつけ下さい。










”チョンドゥンと一緒に走れば世の中は私のものでした”

済州島青い牧場で生まれて育ったシウン(イム・スジョン)は、
幼い頃から特に馬が好きで馬と親しく過ごした。
特に、生まれてすぐにお母さんを亡くした子馬チョンドゥンに対する愛情は誰よりも強く、
2人は互いを大切にして互いを頼りながら成長する。
母親がいなかったシウンにとってチョンドゥンは家族同然の存在だった。

そんなある日、チョンドゥンが売られることになって、2人は別れを経験する。
それから2年が経って、競馬騎手を夢見たシウンは偶然に
そして運命的にチョンドゥンと再会を果たす。
シウンの指導でチョンドゥンは少しずつ競馬馬としての実力を取り戻すようになって
2人は’競馬大会’に一緒に出場することになる。

チョンドゥンと一緒ならこの世の果てまででも走ることができたシウン。
彼女の夢を一緒に叶えたいチョンドゥン。
2人は果して数万人の観衆たちが見守る中、奇蹟を作り上げることができるか。

監督:イ・ファンキョン
俳優:イム・スジョン、パク・ウンス、キム・ユジョン


画像あらすじともに、BUNKAKOREA出処。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



ヤバイです、ヤバイです。。。。
この映画、↑ポスターの穏やかなイメージをそのままに視聴したら
とんでもなく泣けた映画でした。


子供や動物系の作品には特に弱いのは自分でも知ってたんですが、
やはりチングが「泣けるよ」とおススメしてくれた通りに
見事に号泣でした。(┬┬_┬┬)
ペットをお家で飼われてる方、飼われた事がある方は、
私よりももっと泣けるかもしれません。





シウンを演じるイム・スジョン。
もう【ごめん愛してる】や【サッドムービー】など、数々の作品で名前が知れてる女優さん。
決して、美人顔の女優さんとは思わないんだけど(ミアネヨ)
こうして、ドラマや映画の中で演じる役のスジョンちゃんは、凄く生き生きしています。
笑うシーンも泣くシーンも怒るシーンも、視聴者の心をグッと捉えてしまうというか。。。

この映画は【競馬】が舞台なので、
スジョンちゃんは覚える事が沢山あって きっと苦労したんじゃないかな?
実際に馬に乗って競技シーンを撮影してないとしても(よくある話です^_^;)
スジョンちゃんじゃないかと思えるほどでした。
(牧場での乗馬シーンは、きっとスジョンちゃん本人なんだろうね)





シウンの父親役のパク・ウンス。
この映画で初めてお目にかかります。(たぶん^_^;)
無駄な事は一切話さず、シウンの母親が亡くなってからは
シウンには馬とは無縁の将来を希望していて、
シウンの知らないうちに、家族同然のョンドゥン(馬)を売りに出すシーン。
追いかけるシウンがあまりにも可哀相だったけど、
後から父の子を案ずる気持ちも、わかるのよね。
後に、チョンドゥンを捜し歩いたと知り、改めて何も語らぬ父の優しさも感じたな。


そして、シウンの子供時代を演じた キム・ユジョンちゃん。
↑ポスター(下)を見るとおわかりだと思いますが、
幼少期のスジョンちゃんかと思うくらい、スジョンちゃんにソックリ!(◎-◎)
なので、高校生に成長したシウンに移り変わる時も、なんの違和感もなく
見ることが出来ました♪(*´∇`*)
韓国作品は、子役をキャスティングする時も、手を抜かないよね。







そして、シウンが競馬騎手の訓練所の卒業式に出会うユン調教師。
(俳優名がわからない・・・・^_^;)
シウンはこの調教師と出会えて、本当に良かったと思う。
シウン同様、馬の事を第一に考え、
そして 一時失いかけていた「騎手になりたい」という夢を持つシウンの
背中をも押してくれた。
チョンドゥンの病気が発覚した時に、一度シウンに言いそびれるんですよね。
これは、てっきり、グランプリに何がなんでも出場させたい『欲』が出てきたのかと思ったけど、
実は、昔、実の弟のように思っていた騎手の死の事を思い出し、
チョンドゥンの、最期まで『走りたい』という気持ちをわかっていたからなんですね。。。。

てっきり、ユン調教師とシウンが恋仲になると思ってましたが、
ラストまでそれはハッキリとはわかりませんでした。(● ̄▽ ̄●;)
でも、この映画には、それがなくても充分!!


見どころ、泣けるツボは沢山あるのですが・・・


<シウンとチョンドゥンとの別れのシーン>

<チョンドゥンがシウンを見つけ追いかけるシーン、そして街中で再会するシーン>

<シウンと、一番の年長者だった同期生との悲しい別れ>

<チョンドゥン最後のレース、そしてシウンとチョンドゥンの別れ>

などなど。。。(──┬──__──┬──)

冒頭から流れてますが、『これぞ、映画だ~』という感じの壮大なBGMが
悲しいストーリーに、更に輪をかける気がします。



機会があれば、是非見ていただきたい、おススメな映画です♪( ̄▽ ̄)b





2007-07-15 11:00 / Comment:13 TrackBack:0   ▲ TOP

ショボ目のKUMAちゃん、アンニョン♪
早いアップにびっくり!
ものすごい早業です!!!
うんうんと頷きながらレビューを読みました。
馬面の(失礼)ユン調教師!がユ・オソンだよ!
彼もすごい俳優だよね~~~~~~!
友情出演というものの...さすがの存在感を示していました。
スジョンちゃんも、本当努力して撮った映画だよね。
きっと生傷絶えなかっただろうな。
そして馬!チョンドン!演技とは思えない...
人と馬の息の合った作品に話と同様感動してしまいました。
あ…もしかして「友へ~チング」観てない???
これは「宿命」前に必見よ~。

By . megu : URL  2007-07-15 Sun 11:20  [ Edit ]


KUMAKOちゃん
またも ここで涙、涙・・・
私も同じように感じたこと上手く言い当ててくれて
納得しながら 様々な場面回想しました。
スジョンちゃんが好きだから 見るきっかけになったけど
期待以上に感動のストーリーだった~
ユン調教師・・・ 馬面のユ・オソン(爆)
深かったね~ 

子役の子 スジョンちゃん似で@@
冒頭からこの映画イケルなと( ̄ー ̄)ニヤ...
カンコック映画の狙いに嵌る。

これ、映画館で見たらすんごい事になったと思うけど
壮大な映像とBGM 大画面・大音響で見たい気がするね^^b

By . hika : URL  2007-07-15 Sun 12:41  [ Edit ]


Hi!megu、連投コマウォヨ~♪
-=・=- -=・=- ←ショボ目のKUMAKOです!(爆)
あの馬面調教師ユンさんは、ユ・オソンssiなのね~。
【友へ~チング】は、以前e-288で放送されてたのを
家族で見てたんだけど、どうしても集中できなくて
ただただ漠然と見てたから、イマイチ思い出せん。。。
チャン・ドンゴンのチング役?
ホント・・・馬とはいえ、役者だよね!
きっと、冷静な目で見てみれば、
現場のスタッフとか苦労したんだろな・・とか、
ついついソッチを考えがちだけど、馬のあの悲しくもあり温かい目を見ると
こっちまで涙腺緩んじゃうよね。。。(┯_┯)
【宿命】前に【友へ】再視聴しとく!( ̄▽ ̄)b
確か、【宿命】はその続編っぽくなるんだよね。

By . KUMAKO : URL  2007-07-15 Sun 13:44  [ Edit ]


hikaちん・・・感想、共有できて良かったよ~。
馬面ユン調教師・・・この映画では重要人物だったね!
酒を飲みながらの登場のし方だったから、
『ちょっとワケアリそう・・・』とは思っていたけど。
そうそう!!
韓国映画にハマる理由のひとつに、似ている子役を抜擢するのもあるよね!
子役時代~大人に・・と毎度のように定番な韓国作品だけど、
飽きずに狙い通りにその世界へ引きずり込まれてしまうのよ~。
・・・・で、あたしも思った!!
家でv-52見たから、
どんなに鼻水出ようが、泣いて目がショボショボしようがお構いなしだったけど、
映画館で見たら大変な事になってたかも。。。(^-^;
観客、嗚咽だらけ?(爆)BGMは良かったね~^^

By . KUMAKO : URL  2007-07-15 Sun 13:51  [ Edit ]


んだ!続編とも言われてる作品だからねぇ~。
何を隠そう(隠さないよ^^;)友へ~はオッパ以外で初めて観た韓国映画だったんだ~
ひょえ~~~すげ~~って目を覆いたくなる場面もあったけど、
役者の意気込みに引かれて見入っちゃいました。
今度はショボ目、落ち着いたら見てみてね~。
壮大なスケールの映画だよね…
「角砂糖」タイトルにもなってたこれが最後まで絆を感じさせてなんとも切ないアイテムだったね…
日本でも「優駿」って映画が何年も前にあったけど…これのリメイクなんだろか。


By . megu : URL  2007-07-15 Sun 15:29  [ Edit ]


イム・スジョンも気になる女優さんなので
この映画も見たいな~とは思っていたんだけど・・
見ていないよぉv-390
韓国映画って、モタモタしているとすぐ上映回数が
減ってしまって結局見れずじまいということも
多いのよね~v-393
かなり泣ける映画なのね。私も子供・動物ものは
弱いです。

By . shushu : URL  2007-07-15 Sun 20:51  [ Edit ]


やっと見たんだね~KUMAちゃんv-222
そうでしょう!そうでしょう~~~~~e-263泣けたでしょう。
私、始めの方から結構泣いてたもんTT TT
やっぱ!動物ものや家族ものには弱いのよね~
イム・スジョンならでは・・・騎手の役ぴったりなスレンダーなボディでノーメークな感じが全然OKだよね!!
KUMAちゃんとはいつもツボが同じで・・・
あたしが一番泣けたシーンは街で再会するとこv-353
チョンドゥンがシウンに気づき反応するところはもう・・・
v-286を飼ってるあたしにはたまらなく、
号泣してしまった~~~~~~~~~
こういう信頼関係というかあるんだよね。。。感じるものが、
うまく説明できないけど!!
そして最後のレースに最後の別れ。。。
見終わる頃にはグショグショv-416でグチュグチュv-417だったよ。
馬もすごいいい顔をするよね~
これは恋ものはなかったけど・・・すごく感動でした。

で!ユ・オソンね~(_ _)φメモメモ
顔は見たことあるような気が・・・
「チング」ね!!
@@「宿命」は続編だったの????
知らなかった(・∀・;)
まだまだ勉強不足なあたし。。。


By . manami : URL  2007-07-15 Sun 22:21  [ Edit ]


megu、オッパ以外で初めて見た映画が
【友へ~チング~】だったなんて渋すぎるわっ!≧∇≦
やはり、一番最初はサンウだったの?
・・・かくいう私は、まだサンウと出会う前、こないだも書いたけど
【火山高】が一番最初だったな~。
韓国映画の面白さに火をつけられた感じよ( ̄▽ ̄)b
【友へ】がe-288TVで放送されてた時は、
確か画面暗いシーンが多くて^_^;(明るさ調節しろよ・・・って感じ)
それで漠然と見ちゃったのかも。マジで【宿命】公開前には一度見とくわさ。
へ~~~ぇ!(◎-◎)これと似た作品が日本でも?さすがはmegu。
知識が深いわ。。。たとえ、リメイクでも良い作品は良いやね~^^

By . KUMAKO : URL  2007-07-16 Mon 09:03  [ Edit ]


shushuさん!^^
この映画は、私もポスターのイメージしかなくて
チングに勧められてなかったら、多分いまだ見てなかったと思うよ。
やっぱ、スジョンちゃんて、人気度高いね( ̄▽ ̄)b
ほんと、ほぼスッピンであろうスジョンちゃんの演技に
胸を打たれるシーンが沢山ありまする。
機会があれば、是非見てみてね♪^^

By . KUMAKO : URL  2007-07-16 Mon 09:09  [ Edit ]


manamiちゃん、あにょ~!
最初の方から泣いてた・・って事は、港でのシーンだろか。。
それとも出産シーンかな?^^
そっか~。manamiちゃんは、v-286飼ってるのね。
そりゃ、なおさら泣けただろうね~。(゜ー゜)(。_。)ウンウン
最後のレースはSTARTする前から、
私もドキドキウルウルしながら見てしまったよ。
昨日から、とりあえず我が家の家族にこの映画ススめてるんだけど(爆)
「さっきも聞いたよ( 一一)」・・と、イマイチ反応悪くてね。(苦笑)
昔、旦那と【ハチ公物語】だったかな?見てたら、いきなりある場面で号泣し始めて(旦那が)
かなり笑った(笑ったのかよっ)記憶があって、
また号泣させたいと、ひそかに思ってるあてくしでした。。<( ̄^ ̄)>
【宿命】、ストーリー的に【友へ】の続編ぽいとどこかで読んだけど。。
楽しみだね^^

By . KUMAKO : URL  2007-07-16 Mon 09:19  [ Edit ]


最初は天階のドラマから入ったから~
韓国映画そのものに興味を持ったのは、韓国版「マルジュク」見てからだよ~ものすごく感動したっ!
オッパの演技が良かったのもあるけど、韓国映画って面白いな~すごいな~と…。
その付近で「ひとまず走れ」も見て…「神父」でもメロメロになり~「火山高」は結構後で見た^^;
でも、こうして見るとやっぱお互いオッパが原点だね。友よ!!!
「友へ~」を見て、やっぱり韓国映画ってすごいな~って思ったよ。
それがこうして続編とまで言われるようになって…何か「宿命」を感じております…。

By . megu : URL  2007-07-16 Mon 12:45  [ Edit ]


「優駿」はね~確か斉藤由貴が若かりし頃、主演してたような?
北海道の小さな牧場で競走馬を育てていくという映画なんだよね。なんだかその辺から既に似てるでしょ?
「オラシオン」って馬の名前は覚えてる…。
こういう動物モノって日韓共通なんだね^^
チョンドンの鳴き声も切なくてね~~~~(涙)

By . megu : URL  2007-07-16 Mon 12:52  [ Edit ]


megu、最初は天階から入ったなんて
まっさらな気持ちでサンウに出会ったのね♪(〃▽〃)
確かに、サンウが原点なのは、ドラマや映画だけじゃなく、
こうして ネット上だけど交流がある・・ってのも、そうなんだよね。
感慨深いわぁ。。。( ▽ )o〇O
それにしても、meguはジャンル問わず、邦画も以前から観てるのね♪
動物に対する愛は、お国柄問わず、同じだね~。
泣き声・・・かすかに聞こえるんだけど、ほんとせつない!(>_<")

By . KUMAKO : URL  2007-07-16 Mon 21:58  [ Edit ]




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/326-622c11ff









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。