2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP




      昨日は もう1本、見ました ^^













お母さんは私の気もしらない!!!

1969年… 密輸化粧品を売る母親と 二人きりで暮す10歳少年のヨンレは
父親がいないことを除いては 誰にも劣らない ガキ大将。
ある日、偶然にママの友達と同時に宿敵であるツンジャおばさんに 死んだと聞かされていたお父さんが
ソウル住む南山大学生 ’ガン・ソンウク’だという話を聞くようになる。
今まで死んだと言いながら 名前も教えてくれなかったお母さんは 嘘つきだ!
ヨンレは お父さんがいるというソウルへ行くために アイスケーキ売りに目をつける!

アイスケーキいかが~

アイスケーキ売りのソンスについて尋ねたアイスケーキ工場。
社長にケーキ商売の許しを得たヨンレは 夢一杯で”ア~イスケーキ!”と叫びながら歩き回るが、
お母さんに内緒で始めた初めてのバイトは そんなに易しくない。
アイスケーキ泥棒がいるかと思えば、ヨンレの邪魔をするスンイル一党も大きな障害だ。
それでもケーキを売って 世の中で一番良い履き物を買うという友達 ソンスと
いつもヨンレをかばってやる工場長インべクおじさん、
そして すぐお父さんにあえるという希望があってヨンレは一日一日さっそうとケーキ売りをする。
そんな中、家主の息子ソッグのせいで お母さんに商売がばれたヨンレ。
息子がケーキ商売をする理由を知ったお母さんは 不安に思って ケーキ工場まで追って来てとめる。

絶対ソウルに行ってお父さんを捜すんだ!!!

お母さんの不安は分かるが、お父さんがいるという話だけでも気分のよくなるヨンレは
ソウルへ行くことをあきらめることができない。
ヨンレは 工場の社長の強要にソウルまで密輸のおつかいに行くことになったインベクおじさんに
お父さんを捜してみてくれと頼む。
そして数日後、いよいよインべクがおじさんが乗っている汽車が見え始め、
ヨンレの心臓は期待でドキドキし始める。
しかし 汽車が入って来る瞬間、ソンスとインベクがおじさんに予想もしなかったことが起るが…

・塔撃ヘソウルにいるというお父さんに果たして会えるか?


監督 : ヨ・インクァン
俳優 : パク・ジビン、シン・エラ、チャン・ジュニョン、ジング


画像 あらすじ共に BUNKAKOREAより出処。


★ 韓国公式サイトは こちら








【 優雅な世界 】 を見終わって あと1本見れるかな?という微妙なトコだったけど
頑張って見ちゃいました~ ^^;
ちなみに またまた 娘も一緒に視聴。








私 この映画 好きだわ~。 (*´∇`*)

この映画の監督さん コレが初作品だったのですね~ (◎-◎) それに意外と若いし。
なんとなく 映画全体の雰囲気が どことなくファンタジーっぽさも入っていて
【 ウェルカム・トゥー・トンマッコル 】 と 同じ監督さんかな?と 思ったけど
見事に違ってましたわさ。 ^^;
この町並みの映像の色合い ・・・ 時代の古さを感じさせるような ちょっと濃い感じ。
そういうのも、好き。 

ポスターだけ見れば 母子の悲しい物語なのかな?という雰囲気ですが
それだけではないです。
母子の愛も感じられたけど 友達との友情、アイスケーキの工場主任との年齢を超えた信頼関係、
そして いきなり予想外に現れたアボジ ・・・・。 などなど 
笑いあり、涙あり、感動あり ・・・ の映画でした。









なんたって パク・チビン君!! やっぱ いいわぁ~♪ ( ̄▽ ̄)b

あの大きく丸いお目目、あどけない顔、ギュッと抱きしめたくなるようで
この主人公ヨンレを 幼いながら完璧に演じてます。
オン・ザ・眉毛の髪型も なかなか可愛いし ( 1969年代 ・・・ って感じ~ )
一緒に見ていた娘も  「このコ、可愛い~ 」 と 絶賛してました。 (爆)
アイスケ~~~~キ!!! 」 と ちょっと恥ずかしそうに叫びながら売る姿は
見てるコッチが 「 頑張れ~♪ 」 と、応援しちゃいたくなるほど。
肩にアザがつくほど アイスケーキを売るのに必死なヨンレに
アボジに会いたいがための気持ちが凄く感じられた。


そして ヨンレのチングのソンス役の チャン・ジュニョン君。
ジュニョン君の演技も またナイス♪ ( ̄▽ ̄)b
中盤での 線路上での出来事は ついつい涙涙でした。
その後も、明るく気丈に振舞うソンスの優しさに 胸がジ~~ンとしました。


ヨンレの母を演じる シン・エラ。
私はお初だったんで 馴染むのに時間かかりましたが
気の強い、でも息子への愛情は人一倍 ・・・ という母親役は似合ってましたね。


で、アイスケーキ工場の主任、インベクを演じるのは、
【 オールイン 】 や 【 甘い生活 】 【 卑劣な街 】 で おなじみの、チン・グ。
いまだに 【 オールイン 】 の イナ役のイメージが強い私ですが
インベクも 素敵でしたよ~~♪ (*´ェ`*)
インベク、最初は影があって もしかしてヨンレの父親?? とも思ったけど
これも見事に外れました。 ^^;
ヨンレの、ただ一人の味方!! って感じで、まだ見ぬアボジを想うヨンレの気持ちと
どこか 重なってる部分があったのでしょうね 。。。。
ヨンレとの約束も、きっちりと果たしてくれて良かった。









ラストも 涙涙の展開になるのかな~と思いきや 
心があったまるような そんな終わり方で良かった^^
アボジと2人 手を繋いで、街を歩くシーンは 
街中が 「 良かったね 」 と 言ってくれてるみたいで ・・・
ヨンレのアボジの笑顔も すご~~く暖かかく優しくて。
ラストの ヨンレの食べてるアイスケーキが、特別美味しそうで 食べたくなっちゃったよ。


そそ ・・・ アイスケーキ ・・・ というと ケーキのアイス?ってイメージだけど
韓国では 昔ながらの棒のアイスなのよね。 新たな 発見でした^^








2008-02-17 11:32 / Comment:3 TrackBack:0   ▲ TOP

KUMAちゃん、娘さんと一緒に・・・なんて、いいね~
着々とこなしてるようだし、
この子役パク・チビン君。。。「青春漫画」の子だよね~
子供が出てくるお話は私も好き!
心温まる感じで、いいよね~
また、韓国の子役は本当!上手な子が多いしね。
最近こんな心が温まるような映画見てないからなぁ~
見てみたくなったよ~

アイスケーキ。。(_ _)φ棒アイスと・・・私も知らなかった^^;

KUMAちゃん、まだまだ見てるかな?
週末も>。<もう終わりだねi-195
あぁ~また1週間がスタートe-282
モッサもないし;_;元気の源が・・・
とにかく!アジャジャ―――v-91ファイティ~ン KUMAちゃん♪

By . manami : URL  2008-02-17 Sun 23:02  [ Edit ]


うわぁ~o(^▽^)oチビン君だぁ!チビン君お初は、青春漫画だったんだけど ほんといろいろ出ているのね。オンザ眉も…子役とは言え、さすが役者魂って感じだわ(*^o^*)。この映画は、宣伝しているのは見たことがあって「アイスケーキ」という響きが耳に残っていて気になった作品の一つ♪アイスケーキって私の中では、サーティンoneのホールのケーキなのよね~o(^▽^)o未だ口にしたことはないけど…(^ε^)

By . shushu : URL  2008-02-17 Sun 23:17  [ Edit ]


manamiちゃん ホントは一緒に映画など見てる余裕などないんだけども^^;
たまにはいっか~って事で♪( ̄▽ ̄)b
パク・チビン君は容姿が可愛いだけではなく
人を癒してくれるようなトコもあるよね~。
週末は、この2本しか見れなかった!(>_<) クゥゥゥ~
今見てるドラマも進めたかったんだけど
PC不調で、ソレに取り組んでたら、アッというまに日曜日も終わった~。(泣)
そういえば、今の時間はモッサだったんだけどね~。^^;
今週は、いつになく長い1週間になりそうだーっ。
manamiちゃんも、アジャアジャ♪ v-91(*´∇`*)




shushuさん 私も、最初は【青春漫画】が初だったな~。
でも、日本の昔の子供達も、(どんだけ~って位、昔か)
こんな風にオン・ザ・眉毛な前髪だったよね。。^^;
サーティンoneのホールのケーキ・・・食してみてぇ~( ̄~; ̄)
前は、近くにサーティンoneがあったんだけど 今はなくなっちゃったから
ずっと食べてないよぉぉ~(⌒□⌒*) タ・タ・タベタイ・・・

By . KUMAKO : URL  2008-02-18 Mon 22:09  [ Edit ]




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/447-42f78840









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。