2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP



      休日は コレで締めくくり♪














人生は いたずらだ
二十歳のサンウンに 七歳の心を くださった!

二十歳の チャ・サンウン。
きれいで、やさしくて、折り紙の才能もある。 それに 愛する家族と 友達もいる。
しかし 彼女には秘密があった...  それは 永遠に七歳だということ。
身体年齢的には 二十歳になって住民登録証を手にして喜ぶが
まだ 彼女が知らないことが あまりにも多い!

愛は 意地悪だ
王子様に会った瞬間、 お母さんの目が悲しくなった...

童話の中のお姫様マニアのサンウンは 王子様に会うのが願い。
ある日 巨大な頭の着ぐるみの中から 燦爛たるほほ笑みで登場した 交通巡査ジョンボムを見て、
彼が魔法が解けて’野獣’から’王子様’になったと確信するが... 
ジョンボムもそんな彼女が嫌ではない様子。
初めて感じるどきどきに 寝ることもできなくて 幸せになるサンウン。
ところが 病院に行って来たお母さんが 泣いている。 どうして?


監督 : ホ・インム
俳優 : カン・ヘジョン、 ベ・ジョンオク、 チョン・ギョンホ


画像  あらすじ  共に BUNKAKOREAより出処。








いい映画でした。


ファンタジー映画かと思いきや シッカリと泣かせてくれました。


観終わった今 考えてみれば 【 セブンデイズ 】 も この 【 ハーブ 】 のどっちも
母と娘の絆を描いてる映画だった。
【 セブンデイズ 】 が 誘拐&殺人事件・・・と おどろおどろしかったのもあって
ガラリと気分を変えたくて この映画見始めたんだけど
正直 カン・ヘジョンが あまり苦手で ノリ気じゃなかったのよね(;・∀・) 
( 特に、理由はないけど。 しいて言えば この映画に入る前に整形した記事を見てから。^^; )
でもでも 気持ちとは裏腹に 始まってスグから 見入っちゃった。









まずは キャストから♪


知的障害3級で 体は20歳でも 7歳の知能を持つチャ・サンウンに カン・ヘジョン。
正直 今だに 「整形しない方が可愛かったのに・・・・と 思うし
ちょっぴり 違和感がなくはないけど (;・∀・)
この映画では まさしく チャ・サンウンそのもの。 顔もそうだし 発する声も 幼い。 
まるで フランス?イギリス?の 映画に出てくる少女のよう。
そう思わせる カン・ヘジョンの演技が凄いというか。。。。
役に入りきってたのは 女優魂?


そのサンウンを 厳しいながらも愛情たっぷりで育て上げる母に ペ・ジョンオク。
うーん。 どっかで見たことある? と、思ったら
【奇跡の夏 ( アンニョン兄さん ) 】の、母親役だったのねん。
知的障害の娘を置いて 自分が先に逝かなければいけない・・・・・という
母の悲しさ、悔しさの表現は お見事。


そして サンウンの初恋の王子様、警察官のジョンボムオッパは チョン・ギョンホ。
いまだに 【 ごめん愛してる 】 の役のイメージが拭えない私ですが^^;
そうそう 【 犬と狼・・・ 】 にも出てましたよね。
今回の役は ライバル役でもなく・・・ なかなか好青年で 安心して見れた。


ミジャ叔母さん役に イ・ミヨン。
この方も あらゆるドラマで母親役を演じる ベテラン女優さん。
ぽってりした唇が 非常に魅力的だと思うんですが。
最初は サンウンの母の母・・・・いわゆる サンウンのハルモニかと思いきや
そうではなかった。(;・∀・)









親が子供を想う気持ちは どの時代も どの国でも変わりない永遠のもの。
特に 何かしらの障害を持ってる子を抱えてる親の気持ちは 
その立場になってみないと 実際には 全部理解できると言いがたく
決して 軽々しく言える事じゃないけど
出来ることなら 先に 子供を看取ってから 自分が逝けたら・・・・と 思うのではないだろか。
自分が癌に侵されていて 限られた命であることが判明し
障害を持つ娘が困らないように 
1年ごとに ダンボール箱に必要なものを詰める母の姿に 涙が出てしまった。(┯_┯)


そして 娘のことを想い サンウンを好きなジョンボムに 娘と会うのをやめてくれと言うんだけど 
サンウンの母の言葉の意味を ちゃんと理解するジョンボム。
そして 知ってか知らずか 
そのジョンボムの想いを汲み取るかのように 自分から 別れを切り出すサンウンに
またまた 胸が痛んじゃった。 (┯_┯)


ラスト ちゃ~んと ずっと サンウンを見守ってくれていたんだ♪ ・・・と 
ジョンボムの愛情を示す 心が温かくなるようなシーンもあって。 良かった。




ラストのシーンが 冒頭のシーンに ちゃんと話が繋がるトコロも 私は好きかな♪








 トレーラー貼っておきます♪















2008-11-25 01:13 / Comment:2 TrackBack:0   ▲ TOP

KUMAちゃん、これはv-155「セブンデイズ」とは違う親子ものだね~
こういう映画を見ると、自分の子供に対する願い、欲望?
もう少しこうだったら!って思うのが
贅沢だなぁ~って。。。感じるよね!
五体満足で生活するのに何不自由もなくいられることが一番だ!
ってね。。。
人間って、上を見出したらキリがないから、
悲しそうで;_;ちゃいそうだけど、観てみたい!

KUMAちゃん、連休っていいけど・・・何だかすぐ過ぎちゃうよね>。<
また1週間始るね~
お互いにアジャアジャ~e-281

By . manami : URL  2008-11-25 Tue 01:33  [ Edit ]


オモ!!!(@_@ )manamiちゃん ニアミス!
・・・てか 相変わらず、お互い夜遅いよね^^; (笑)

まさに その通り♪( ̄▽ ̄)b
年々 子供に対する理想や希望が増えてく今日この頃(苦笑)だけども
こういう映画を見ると 本当に ハッとさせられる。
産まれてきた時の「とにかく健康であれば・・・」という願いを
改めて 今頃 思い出すのよ。

ほんと、さっきも書いたけど 連休ってスグに過ぎ去る!(ーー;)
最近、休みは 家族が家に誰かしらいる事が結構多くて
なかなか集中できないのが 目下の悩み。( ´△`)
manamiちゃんも アジャアジャ~♪ v-91(・∀・)

By . KUMAKO : URL  2008-11-25 Tue 01:44  [ Edit ]




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/548-48cf3792









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。