2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP




     久々に キム・ギドク監督作品 w













舞台はパリ。
同僚の絵を盗んで売ることによって、生計を立てている画家のチョンヘ(チョ・ジェヒョン)は、
フランス外人部隊に入隊するために密入国した、
北朝鮮特殊部隊脱走兵ホンサン(チャン・ドンジク)と 偶然出会う。 
だまされやすいホンサンを 金儲けの手段として利用しようとするチョンヘだが、
二人の間には奇妙な友情が芽生える。
そして、チョンヘはボディ・ペイントで生計を立てている女性、
コリンヌ(Sacha Rvkavina)と出会い恋に落ち、
ホンサンは 密入国の手助けをしてくれたローラ(チャン・リュン)のことが 忘れられなくなる。
しかし、マフィアの手下に落ちぶれてしまった二人の人生に 未来はないのだった。


脚本、監督 : キム・ギドク

キャスト : チョ・ジェヒョン、 チャン・ドンジク、 チャン・リュン、 
        Sacha Rvkavkna、Richard Bohringer etc・・・



あらすじ は CINEMA KOREA より出処。








う~ん。 やはり キム・ギドク監督らしい作品! 
・・・・・という感想の一言に尽きるかしらん。


点と点が どこかで繋がってて 最後には 線が結び繋がっていく感じで
私には 内容としては 普通に面白い映画だった。


やはり キム・ギドク監督の作品の、今では定番となってる感の 
ベッドシーンや 暴力シーンなどあるんだけど ストーリーには外せないし (マフィア出てくるし)
その分 パリが舞台だったり 例の 美術小物が 効果を効かせてるような。


最初から よくデキてる 白い彫刻像だと思い すっかり騙されてしまったけど(苦笑)
人間の白塗りの大道芸 ( コレで お金を稼いでる ) だって、そんなトコに 思わず感心。^^;
石壁の色鮮やかな落書きも そうだし
ラストに出てくる チョンヘとホンサンが 中に入れられる麻袋も 
「 ここでも デザイン性、考えたのかしら 」 っていう感じの袋で 
細かいところにも キム・ギドク監督のこだわりが 垣間見える。







それにしても いつも コリンヌを 暴力で支配しているエミールだけど
でも ・・・・・ 一体 何故に 冷凍鯖 ??? 
この映画は 事前に 少々予習しておいたので 
この 「 冷凍鯖 」 が どこで どのように使われるのかが 凄く 興味シンシンだった。 (;・∀・)
冷静に考えてみりゃ 凶器になる冷凍鯖 ・・・ エミールがいない間に 捨てちゃえばいいのに
捨てれば捨てたで 2倍になってかえってくる DVの恐ろしさなのでしょうか。 ← 余談。
・・・ てか 映画って事で いいんだけどね ^^;
これも 監督の 独特な感性からなのでしょう。
でも・・・・  のポスターの お腹から突き出ている鯖。 画的には キョーレツ。
私は ついつい 同じくキム・ギドク作品の映画 【 受取人不明 】 のワンシーンを
思い浮かべちゃったけども。


パリって事で セーヌ川のシーンも 度々 出てくるのですが
これは 【 鰐 】 を 思い浮かべちゃったかな。


結構 残酷なシーンとかあったりするんですが
直接的に表現せず、 たとえば 水面の泡だったり 
暴力シーンには 必ず ソレだとわかる 一枚の絵が 映し出されたり。
こういう 直接 画面で表現しなくとも 視聴者の頭の中で 描き出されて
怖さや残忍さが伝わってくるようにする ・・・ コレは 私は 結構 好きだし 印象に残りやすい。


ローラが 勤めている、怪しい店のショーで踊ってるときに流れる アラブ調の音楽。
なんともいえない けだるさが 妖しい雰囲気をかもしだして これも 結構、好き。 







チョンヘ役の チョ・ジェヒョン。
キム・ギドク監督作品では もはや お馴染みですね。
最近は ドラマでも 【 ニューハート 】で 渋い名医を演じてました^^
この映画 ・・・・ 1997年モノなんですが とにかく若い!
売れない画家で お金ためなら 友達をも裏切ってしまうような どうしようもない ろくでなし。
オマケに 口と威勢のワリには 喧嘩が弱く ・・・・ でも 情にもろい ってな役だったんだけど
やはり 演技は 安心して見られた。


ホンサン役の チャン・ドンジク。
北朝鮮脱走兵で 武術や喧嘩が めっぽう強く 友情に熱い ・・・ てな役。
カッコ良かったです。顔もキリリとした感じで。 ( この映画では )


ショーガールのローラ役は チャン・リュン。 ( それだけか~ぃ )


ハンガリー密入国人女性のコリンヌ役は Sacha Rvkavkna。 ( 読めないし ^^; )
白塗りで立っている姿は 綺麗でした。 
白塗りだと あまり、いやらしく見えないから不思議。
顔も 可愛い感じの女優さん。


・・・・・・・ と キャストは こんな感じ。







2009-03-08 20:23 / Comment:2 TrackBack:0   ▲ TOP

久々のキム・ギドク監督~~~~~~v-352
v-154ポスターが監督らしいね。
やっぱ!あれ。。。白塗りしてる人だったんだね~
すごくキレイな体だよね~
彫刻像かと思うほど。。。素晴らしい~って羨ましい>。<;
チョ・ジェヒョンv-391いい味出してるんだね~
役もぴったりv-426
ジェヒョンssiの私のイメージはまさにこれ!だから。。。

私もシーンを一枚の絵で表現したり、直接表現しないところ好きかも。
そのままを見せちゃうより、見る人によって感じ方や想像する映像が様々だったりで、見てて楽しいよね。
キム・ギドク監督の世界だよね~
結構好きですv-398

KUMAちゃん、お休み。。。終わりだねTOT
3月だぁ~と思ったら、すでに1週間過ぎてるし>。<
毎日が早いよぉ~~~~~~
寒さも和らぎ、春が近づいてるよね。
KUMAちゃんとこはまだまだかな?
季節の変わり目は体調崩しやすいので気をつけてv-410
i-91は良くなった?
では、お互いに。。。e-281アジャアジャ~

By . manami : URL  2009-03-09 Mon 01:18  [ Edit ]


manamiちゃんの、ジェヒョンssiのイメージって コレだったか~。w( ̄o ̄)w 意外だ。

そうなの。直接、画面に映し出さず 小物だったり 音だったり・・・
そうする事で 人によって それぞれに 感じ方が違うんだよね。
逆に そうすることで よりいっそう 残酷になったり。
今では クセになってるかも。( ´゚д゚`)

ほんと 毎日が早いよね。
特に今の時期は 卒業式や入学式、転勤・・・などなど
色々と環境が変わる時期で せわしない雰囲気だし。
こっちも 雪が残ってるけど もう春って感じだよ。
これから 目がショボショボしたり、かゆくなったり・・・・(>_< )
そういう面では憂鬱だけど。
あ。足はすっかり良くなった^^ たまに正座すると痛いけどね^^;
manamiちゃんも 夜更かしは、ほどほどに♪( ̄▽ ̄)b (ある意味、自分に言い聞かせ)

By . KUMAKO : URL  2009-03-09 Mon 21:27  [ Edit ]




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/582-7ed25fa2









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。