2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP



    これも 私が見ておきかった キム・ギドク監督の映画。
    見よう見ようと思ってて 今頃になっちゃった。














“ インドに バスミルダという娼婦がいた。 ところが その娼婦と寝た男たちは
  皆 篤い仏教信者になったと言う..  私をバスミルダと呼んでくれる? ”

ヨーロッパ旅行に行く資金を溜めるために 
チャットで会った男たちと援助交際をする女子高生ヨジン(グァク・ジミン)とジェヨン(ソ・ミンジョン)。
ヨジンがジェヨンのふりをして 男たちとチャットをして 電話をかけて約束を取れば、
ジェヨンがモーテルで男たちと会って援助交際をする。
ヨジンは ジェヨンが男たちに会う前化粧をしてやり、彼女が男たちと会ってる間は 外で待つ。
顔も知らない男たちと会ってセックスをしながらも いつも 笑いを失わないジェヨン。
男たちとの出会いとセックスに意味を付与するジェヨンを ヨジンは理解できない。
ヨジンには 幼い女子高生たちの身体を金で買う男たちは 皆汚くて不潔な存在だ。
そんなある日、モーテルで男と会ったジェヨンは 急に入ってきた警察を避けて
窓から飛びおりて ヨジンの目の前で死ぬことになる。


“ お金いりません。 この前のお金も返しますよ。 それでは楽になるでしょ? ”

ジェヨンの死に大きな衝撃を受けたヨジンは ジェヨンの死を弔うために
ジェヨンの手帳に書かれている男たちを 順番に尋ねる。
ジェヨンの代わりに 男たちと援助交際をするヨジン。
援助交際後 ジェヨンが前に受けとった金をヨジンが順番に返すと
男たちは むしろ平安を得るようになる。
男たちとの関係の後 男たちを篤い仏教信者に導いたインドのバスミルダと同じく
ヨジンもまた 関係を結んだ男たちを 順に浄化して行く。


“ 人間でもない子。 その幼いのが入って行く穴がどこにあると… ”

事件現場に出て 偶然にそばのモーテルを見た刑事ヨンギ(イ・オルの方)は
モーテルから男と一緒に出てくる女が 自分の娘ヨジンであることに気づく。
妻もなく ただ一人だけの娘だけを眺めながら暮して来たヨンギに 娘の売春は大きな衝撃で、
以後 ヨンギは 続けてヨジンの尾行を始める。
毎日男たちに会うヨジンを尾行したヨンギは ヨジンと会う男たちに近付き始めるが…


監督 : キム・ギドク
キャスト : イ・オル、 カク・チミン、 ソ・ミンジョン、 クォン・ヒョンミン etc・・・


画像  あらすじ  は BUNKAKOREAより出処。






いくら 今 【 朱蒙 】漬けだからといって 
休日中 ず~~っと 【 朱蒙 】 だけを見るのも なんだか 気分的にも引きこもりそうで (爆) 
ちょっと 映画で気分転換! と、思い、見たのが 【 サマリア 】。
気分転換になったかどうかは 疑問ですがw


『 援助交際 』 が テーマだというのは わかっていたけど
その背景に たた一人の娘を想う 父親の深い深い愛情があったとは つゆ知らず。
この映画は 映画とはわかっていても 娘を持つ親なら 色々と考えさせられる映画。


2004年度の 第54回 ベルリン国際映画祭では 
最優秀監督賞を受賞された作品なのですね。 ( ̄。 ̄) ほ~ぉ。







ざざ~っと キャストを。


ヨジンの父親であり 刑事でもある ヨンギ役の イ・オル。
【 純愛中毒 】 や 【 華麗なる休暇 】 他 沢山の映画に出演されてるようですが 
私は あまり記憶ナッシング。><;
でもでも!
この映画での 父親役は 素晴らしい演技だった。
妻を早くに亡くし 仕事以外は ヨジンの優しい良いアッパとして 
ヨジンの成長だけを楽しみに 暮らしてきたのよね。
それなのに 事件捜査中に 偶然知ってしまった、わが娘の行動に 
裏切られたような悲しみと 娘に近づく男たちへの 怒りと恨み。
優しい父の表情から 男たちへの憎しみの表情に変化するところは 迫力ある。


高校1年生のヨジン役は カク・チミン。
なんとな~~く 目の力強さが チョン・ドヨン? ( いつもの あくまで個人的なイメージw )
チャットで知り合った男性と電話で連絡をとり 
手帳にまで顧客やスケジュールの管理・・・と チェヨンのマネージャー的な感じで 
最初は 「何様?」と思っちゃったんだけど
大切な親友、チェヨンの死によって 自分が「パスミルダ」になろうとするのよね。 
※ パスミルダ ・・・ 一緒に寝た男は、浄化され、仏教徒になった・・・という
               インドにいた娼婦、パスミルダのこと。



ヨジンの親友、チェヨン役は ソ・ミンジョン。 ( ハン・ヨルムに改名 )
チェヨンは いつも そして死ぬときも ニコニコ微笑みを絶やさなかったのだけど
それは パスミルダの伝説?逸話?を意識してのことだったのでしょうね。
「 もっと 現実に目を向けなさいよ 」 とか 「 自分を 大事にしなさいよ 」とか
この女子高生2人には 言いたいところですが ソコは映画ってことで 冷静に。 (苦笑)
この年頃の時期って 体は大人でも まだ 【 夢見がち 】 だったよな~と 
自分の十代の青春も 振り返ってみたりもするw ^^;







「 パスミルダ 」 「 サマリア 」 「 ソナタ 」 ・・・ と 途中で 副題が挿入されてるように
大きく3部構成になってるストーリー。
「 パスミルダ 」 = チェヨン。
「 サマリア 」 = ヨジン。 
「 ソナタ 」 = ヨジンの父  が テーマ。
宗教的要素があり あらゆるシーンに ソレが散りばめられてるようですが
キム・ギドク監督のこだわりが 感じられる。


こだわりといえば 美術的にも美しいと思えるシーンが 結構出てくる。
序盤の ヨジンとチェヨンがいつも良く行く公園 (?) の 
水面と落ち葉のコントラストだったり 定番の彫刻像だったり。
背景の季節が 秋だからか 落ち葉もそうだし 
韓国の田舎の山と川の風景も 実に綺麗だった。
で、終盤の 父が 石に黄色いペンキを塗るシーンは やはり キム・ギドク監督らしい。


監督のこだわりと言えるかどうかはわからないけど ( 多分そうでしょ ) 
父の暴力シーンは 残酷で生々しい。
そして ヨジンと関係を持った 同じ年頃の娘を持つ家庭の主の男が身投げした時は
やはり その映像はないものの 鈍い音と 肉片らしきものが。 {{{( ▽|||)}}}
ちなみに この映画、 父が 娘と関係を持った男を殴るシーンは 
イ・オルssiは 本当に殴っているようで かなり リアルさが。







 トレーラー 貼っておきますw















2009-04-12 18:09 / Comment:2 TrackBack:0   ▲ TOP

KUMAちゃん、あにょ~~~~v-222
映画でひと息入れてるねv-391
って、ギドク監督ってのが・・・KUMAちゃんらしいね^m^
v-154ポスター。。。見てキレイ~って思っちゃった。
で、内容見たら・・・すごく見てみたくなったよ!!
娘を持つ親としては複雑だけど、
気になる内容です。
「バスミルダ」という言葉も初v-418で、
ギドク監督ってすごいよね~
監督だから色んな事を題材にして映画を作る為だろうけど・・・
独特の世界だけど、私の知らない世界を見せてくれて
そこが引き込まれる要因なのかな?
やっぱ!好きだなぁ~この監督。。。
そう感じますv-398改めてねe-284
チェックしておきます(_ _)φ

また、1週間スタートだね~v-390
でさぁ~今頃????と思うかも・・・
実は下の娘が、昨日から発熱でインフルエンザのAでしたv-393
この時期に?と気を抜いてたのがいけなかったっかな???
家族にうつらないようにしないと。。。
とにかくGWまでもう少しv-91頑張ろうね~
アジャアジャ~


追記。。。父親役のイ・オル
KUMAちゃんは印象薄~みたいだけど・・・
私は「北京 My Love」のイメージが強くて良く覚えてます!
そう言えば「華麗なる休暇」出てたね!!

By . manami : URL  2009-04-13 Mon 20:19  [ Edit ]


manamiちゃん あにょあにょ~(´・ω・`)ノ

オモオモ。娘さん ケンチャナ???
そういえば インフルエンザって流行ってる間は 気を引き締めるけど
今の時期は ついつい忘れがち。
・・・てか、今の時期でも インフルになるのね。
言われてみれば 娘のチングも 今インフル&肺炎とか。
manamiちゃんも 気をつけて~。

で、この映画のポスター 綺麗だよね。
白ともピンク色とも言い難い、この色の柔らかい雰囲気が
なんとな~く 安らぎ=母性を感じさせるような。
うんうん。
イ・オルって【北京 My Love】に出てたみたいだけど
私、未視聴なんだな~>< 印象深かった?
【華麗なる休暇】に出てたのさえ 忘れてるし^^; ヤバイヤバイ
この映画 キム・ギドク監督作品が苦手な方でも
父親の娘への愛情・・・の部分では 大丈夫かな?と。
(それでも、苦手な人は 苦手なのだろうけどもねw)

GWは皆、元気に過ごせるよう、娘さん、早く治るといいね♪^^

By . KUMAKO : URL  2009-04-13 Mon 23:52  [ Edit ]




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/590-92427433









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。