2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP



        いい映画でした^^  

        ※ 注 : ネタばれあるかも。
  















“あの人は… 誰かが必ずそばにいなければなりません… ”

親に捨てられたラジオPD K、交通事故で家族を一瞬で失った作詞家、クリーム。
二人は互いの心の隙間を家族のように、友達のように、恋人のように補って 一緒に生きて行く。
しかし Kにはもう200日も残されていない。
自分が去れば一人きり残されるクリーム…
Kは 彼女のそばに、一生一緒にいてくれる男を探す事にする。

“ 時間があまり残っていません ”

ジュファンが現われる。
歯科医で、賢明で、親切で…  そして何より健康で…
クリームを 一生守ってくれそうなこの男。
ジュファンは クリームに 一目で恋に落ちる。
Kは ジュファンを選択する。

“あらかじめ分かっていたら… 果してこの愛、始めることができたでしょうか…?”

ジュファンは 婚約者ジェナと破談する。
ただ クリームのそばにいるために…
そして ジュファンとクリームの結婚式が近付く。
Kは クリームのウェディングドレスを選び、クリームの手を握って 結婚式場に入る。
しかし廊下の末にはジュファンが待っている。

愛が悲しみになっても…
悲しくても 幸せなことがあるから…
彼らだけの’悲しみよりもっと悲しい話’が始まります!


監督 : ウォン・テヨン
俳優 : クォン・サンウ、 イ・ボヨン、  イ・ボムス

★  あらすじは BUNKAKOREAより出処。



★ 韓国公式サイトは コチラ









号泣!!! ・・・ってほどではなかったけど  (私はね) 
それでも ジ~ンと泣ける、良い映画でした。


病に侵され 自らの命の期限を知り 
一人残されるであろう愛するひとが悲しまないように そして 幸せになるために・・と 
自分の気持ちを押し殺し 愛するひとが愛する、男の元へと送り出す・・。
という ストーリーは ある程度分かりつつ 全体の2/3くらいを視聴。
でも 「今だから話すけど、こんな事があったんだ・・・」 という、
第3者達の会話から ストーリーが始まっていくのは ちと 予想外だったな。


ラスト1/3の展開は なかなか 面白かった。 
終盤で打ち明けられる Kが知らずにいた、クリームのホントの気持ち&行動。
こういう展開 結構、好き^^


では ざざ~っとキャストを 。。。。。。









ラジオPD、K役の クォン・サンウ。
末期癌患者という設定ってのもそうなんだけど かな~~~り ソフトな役。
愛するクリームが どんなにやんちゃでも 優しく温かく 包み込むような愛で接して。
個人的には 静よりも 動的なサンウの方が好きだけど
今回は そういうのは抜きにして Kの存在そのものに注目。 
クリームのウェディングドレス選びの時に 
その場の流れで 自分もタキシード(だっけ?)を 着るんだけど
それを脱いだ時の 鏡に映った表情や
外に飛び出し 街中を 嗚咽しながら歩く表情が なんとも、せつなかった。
サンウって 時々 ワイドショーなどで 目にする度に
いまだに 【涙の王子】とか 毎回のように言われてるけど ^^;
ここんとこ 作品見るたび 涙のシーンは、特に気にせず 
表情の変化とか、さりげなさだとか ソッチの方が 上手くなってるかなと思う。


クリーム役に イ・ボヨン。  ボヨンssiといえば 
つい 『チソンの彼女』のイメージが真っ先に浮かんでくる ダメな私。>▽<;
脇役では見た事あるけど 本格的に主役で見るのは 今回が初めてかな?
前にも書いたけど とびっきりの美人さんってほどでもないかな?と思うけど
自然体な、クルクル動く表情が (役柄ってのもあるけども) 逆に 好感が持てた^^
私だったら ( いきなり、比較すんなって感じですがw ) 
決して クリームのように Kに 気丈に接する事が出来ないだろうなぁ。


そして クリームの前に突然現れる 歯科医ジュファン役に イ・ボムス。
う~~~~ん。 こういう役だったんだね。^^;
なんだか 別物とはわかっちゃいたにもかかわらず 
MVのイメージばかりが 私の頭の中で先行しちゃって^^;
ある意味 ジュファンも可哀想な人だ。
それにしても さすが イ・ボムス。 
どんな役でもこなすのには 改めて ベテランさを実感。
主役を殺さず それでいて ちゃんと存在感があって。









ジュファンの婚約者だったジェナ役の チョン・エヨン。
この方は 私 初ですが 結構インパクトがあったなぁ。
なんか 顔立ちの雰囲気が 日本の女優さんの りょうに似てる気がする^^
カッコいい女性カメラマンの役が 妙にハマってた。


業界を去り カフェを経営しているミンチョル役に シン・ヒョンタク。
どこかで見た事あるな~と思ってたら 
私の視聴済みの映画などにも 結構、出てるんだけど
【乾パン先生・・・・】が 一番記憶に残ってるかも?


そそそ。 
この 主題歌を歌っている、イ・スンチョルが そのまんまの歌手役で登場とは。^^; 
特別出演だそうで 演技の上手い下手は別として
エンドロールで 【そんな人ほかにいません】 のレコーディングシーンが流れるんだけど
この曲 良い曲ですね。 ジ~ンとくる。









結婚式で Kがクリームの手をとり ジュファンの元へ送る時の
悲しいメロディー版みたいなウエディングマーチから 
【悲しみより悲しい物語】の曲に移り変わる時の、
クリームをジュファンの元に送り届けた後の 
Kのなんともいえない せつない表情が 凄く悲しくて。 (Kの目線での話の方)
私は ソコが 一番 涙をそそりました。 (´;ω;`) 


この映画の中で Kとクリームの 日常生活のシーンが 沢山出てくるんだけど 
何気ない そういう2人だけの生活シーンが 結構 好きだったりする^^
終盤の 2人、キッチンに立ちながら
「サランヘ」 「・・・・・・・・」 「ナ~ドゥ」 の、会話のトコ 良かった^^


止まったままの 何個も並んでる、丸い掛け時計の中に
一個だけ、時を刻んでる時計が映る場面があるんだけど
思わず キム・ギドク監督ワールドかと。 ^^;
でも 全体的に 綺麗な映画だったかな。


ラストの結末は 「こうなった」という直接的な表現や ナレーションはなかったけど
映像で ちゃんと伝わった。 
予想していたような、そうでないような。。。。
ジュファンも 最後は 「これでいいんだ」というように 自分自身を納得させてたし
Kとクリームにとっては 幸せな結末だったのね。
残された者は 悲しいけど。 ><










■ トレーラー







■  悲しみよりもっと悲しい物語 by.キム・ボムス MV







■  そのような人またいません by.イ・スンチョル MV














2009-06-04 09:33 / Comment:10 TrackBack:0   ▲ TOP

KUMAKOちゃん こんばんは^^
もう見たのねv-405
私も、早く見たいよ~
ところで日本では、まだ発売されてないよね?
気長に、待ちます^^

コルテオ、見てきましたv-398
サーカスだけどストーリーがあって、劇や歌、音楽などの演出も素晴らしく、本当に感動でしたv-424
娘も「凄く良かった。感動した!」と喜んでたよ。

By . tomoe : URL  2009-06-05 Fri 23:02  [ Edit ]


tomoeちゃん こんばんは^^ 遅くなっちゃった^^;

機会があり、見る事ができました^^
次回のサンウは ドラマかな? 映画かな?

コルテオって やっぱ、サーカスなんだね∈( ̄o ̄)∋
コルテオじゃないけど 
よくTVで紹介されてる、そういうショーとか
一度は 生で見てみたいと思うんだけど なかなか 縁遠くて^^;
娘さんも 目の前で見て いい経験になったと思うよ♪(*^-^*)

By . KUMAKO : URL  2009-06-06 Sat 22:21  [ Edit ]


KUMAちゃん(* ̄∀ ̄)e-287
見たのね~ん。。。
これはドラマと違って、悲しいe-263サンウが見られるんだよね~
ドラマの3枚目で素に近いサンウもいいけど・・・
涙の王子だっけ???
サンウの悲しい涙もステキだから、早く見てみたいです!!
イ・ボムスの役どころも楽しみです♪

By . manami : URL  2009-06-06 Sat 22:59  [ Edit ]


manamiちゃん あんにょん♪( *・ω・)ノ

この映画が 涙のサンウだったんで
逆に ドラマがラブコメで 正解だったね^^

ボムスssiの役どころ なんだか 意外だった^^;

By . KUMAKO : URL  2009-06-07 Sun 22:39  [ Edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By . :   2009-06-08 Mon 00:04  [ Edit ]


鍵コメさん おはようございます^^

うんうん。d(´▽`*)リョウカイ♪
・・・・・って 泣き虫だったんだね ( ̄m ̄〃) ウプ♪
こまぉ~♪^^

By . KUMAKO : URL  2009-06-10 Wed 08:22  [ Edit ]


KUMAKOちゃん こんばんは~♪

せつないサンウにジーンときちゃったヾ(*~。~* )
何気ない日常会話と回想が
エンディングの【そんな人ほかにいません】にピッタリで
今まだ 余韻が残ってるよ~^^

長~い朱蒙(チュモン)の合間の久々
サンウ視聴でした( *^-^)

By . CANDY : URL  2009-07-02 Thu 23:45  [ Edit ]


CANDYちゃん こんばんは♪ ( *・ω・)ノ

そそ。 何気ない日常会話が多いのよね。
で、回想。
リアルタイムでなく、過去を遡っていくようなストーリーの展開が
私は 結構好きだったかな^^
・・・・って、CANDYちゃん、。
サンウの映画って、久々じゃない? ≧∇≦

朱蒙は 最初は特に 長く感じられるよね^^;
ふぁいてぃ~ん♪( ̄Д ̄)ノ

By . KUMAKO : URL  2009-07-03 Fri 22:55  [ Edit ]


^^; KUMAちゃんに珍し~いと言われちゃったけど。。。
日曜日、子供たちはそれぞれ友達と遊びに行きe-215
旦那は仕事で。。。ひさ―――――びさにまったり出来たのよ~v-392
という事でe-287映画三昧しまひた。

まずはこれ!
@@――――今さらって感じですが。。。
うんv-389私もMVのイメージが強くて、
最初???すぐに入れなかったけど・・・
KUMAちゃんの言うとおり控え目なサンウの演技が良かったかな?
新鮮???何て言うのか。。。とにかく良かったです。
終盤に色々な人の目線からの映像が流れて、
あぁ~そうだったんだぁ!って最後にそれぞれの思いや感情が見れて良かったかな~
イ・ボヨンは役にピッタリで、空気のような女性で自然体な感じが良かったです。
イ・ボムスも流石!という感じで、いい味出してました。

v-154KUMAちゃんもコメで書いてるシーン
「サランヘ~」。。。「ナドゥ~」Kとクリームの会話。
Kのずっ~~~~と言いたかった言葉、
クリームがずっ~~~~と言って欲しかった言葉、
二人の一番幸せだった一瞬かな~って。。。
私も好きな場面です。

この映画、最初の始まりがちょっと意外だったので・・・
戸惑ったんだけど、最後まで見てi-190ありかな!
ってねv-410
v-241が並んでるシーンv-391ギドク監督っぽいね。。。
でも流石、ギドク監督フリークなKUMAちゃんならではの観点だと ̄m ̄*思いました。。。爆

私も号泣まではなかったんだけど・・・とてもいい映画でした。

By . manami : URL  2009-08-31 Mon 23:14  [ Edit ]


manamiちゃん |≡≡≡ヽ(*ω)ノおはよ~!

やっぱ 映画やドラマ見る時って 
一人きりの空間だと 集中して見れるよね^^
まったり時間が確保できたようで 何よりw

映画マニアの方のサイトを徘徊してみると
この映画は 色々と 酷評だったりするけど・・・><
私は 素直に 良かったと思ったんだ。
(勿論 サンウ主演作品として頭においてたのもあるけど)
そそ・・・やっぱ、先にMV見ちゃうと 
そのイメージが どうしても抜けないのよね^^;
【宿命】の時も そうだったから 少しは学習しろよって感じだけども。(;´д`)トホホ…

≧(´▽`)≦アハハハ ギドク監督フリークの私ならではの観点@@
ギドク監督フリークなどと ちと、おこがましい気がするけども^^;
サンウの作品にしては 珍しい雰囲気をかもしだしてたような。

サンウも これから長~い目で見守っていく意味では 
色々な役に そして、色々な作品に挑戦してほしいな。
綺麗だけじゃなく、涙々だけじゃなく。ね。^^

個人的に ボムスssiの役どころが 最初は納得できなかったけど(笑)
どんな役でも やっぱ 存在感があるのよね。

By . KUMAKO : URL  2009-09-02 Wed 08:50  [ Edit ]




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/605-53ff635f









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。