2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP




       キム・ガンウ繋がりで視聴。













最高の味を受け継ぐための運命の対決!

大韓民国最高の味を誇る ’ウンアムジョン’の代を継ぐために
弟子の中から たった一人の料理人を選ぶ席。
料理に心を盛る天才料理人ソンチャンと
勝利のためは火も水もいとわない野心家ポンジュが 対決する。
料理対決の課題はふぐ刺し!
2人の料理人の腕は優劣をつけにくいくらい味、見た目ともにすぐれているが、
ソンチャンの料理を食べた審査委員が 急にふぐの毒にあたって1人、2人と倒れる。
この姿に荒てるソンチャンと 横で笑みを浮かべるポンジュ。
結局’ウンアムジョン’の後継者の座は ポンジュのものとなるが..

宿命のライバル。彼らの絢爛な手さばきがまた始まる!

そして5年後、
朝鮮時代最高の料理人の包丁が見つかり
その嫡流を求める料理大会が開かれることになる。
5年前 ミスで料理をやめた天才料理人ソンチャンは
料理大会を取材する 熱血VJジンスの絶え間ない勧めと
宿命のライバルポンジュの登場で 料理大会参加を決心。
現存する 最高の料理人の座を競い合う。

野心家ポンジュは 裏工作で天才料理人ソンチャンに勝とうとするが
ソンチャンは実力を発揮して いよいよポンジュと対立することになるが..
果して 最高の料理人は誰になるか...


監督 : ヨン・ユンス
俳優 : キム・ガンウ、 イム・ウォンヒ、 イ・ハナ


 あらすじは BUNKAKOREAより出処。








なかなか 面白かったです^^


・・・・ というのも キム・レウォン主演のドラマを 既に視聴していたので
大体の物語の内容や ボンジュとソンチャンの関係が 把握できてたのが良かったのかも。
出てくる登場人物の名前も ドラマと ほぼ同じだったし。
もちろん やはり 映画という短い時間の中でのストーリーなので
どういういきさつで・・・ とかが 簡潔すぎるような気もしたし
雲岩亭のボンジュも 
ドラマでは ちょっぴり同情しちゃうような、憎みきれないキャラだったんだけど
この映画では 「 イヤな奴 」 のただ一言 ^^;








ソンチャンが雲岩亭を出て行き 青いトラックで 新鮮な野菜や魚を売るトコロは
やはり ドラマの記憶を辿って 「 あ。同じだ~ 」 などと 思い出しながら見てました。


ドラマで ナム・サンミが演じてた 雑誌取材記者キム・ジンスの役も
怖いもの知らず的な 明るく元気なキャラは まんまだったし。


対決シーン ( 鳥、魚、炭、韓牛などの ) も つい ドラマと比較しながら見てしまったけど
最後の 韓牛の肉の部位を取り出す包丁さばきの対決では
ドラマでは 名人同士の対決だったけど
この映画では ボンジュとソンチャンの直接対決。
なかなか 目を見張るモノがありましたw


では ざざ~っとキャストを。。。








ソンチャン役の キム・ガンウ。
映画の 【 食客 】 に出てたのは つい最近なんだけど
ソンチャン=キム・レウォンだったイメージが大きくて 馴染むのに ちょっぴり 最初は苦労。
( 本当は 映画の方が 韓国では先に公開されてたのにね )
でもでも 気持ちの優しいトコロや 自分の信念を持ってたりとか
シャイなのかな?と思わせる部分も見れたりして
映画のソンチャンも なかなか 良かったです^^
キム・ガンウって なかなか 存在感ある俳優さんですね。


オ・ボンジュ役の イム・ウォニ。
このお顔立ちに馴染むのに 一苦労^^;
演劇出身の俳優さんだったのですね。
・・・って 映画 【 シルミド 】 に出てたじゃん!迫力ある役で。@@ すっかり忘れてたよ


キム・ジンス役の イ・ハナ。
映画は 今のところコレ1本ですが
ドラマは 【 恋愛時代 】 【 花咲く春には 】 【 メリー&テグ 恋のから騒ぎ 】
【 太陽の女 】 などに 出演されてたもよう。
ちょっと キム・ハヌルちゃんと 雰囲気が似てるかな?
飾りっ気のない サバサバした明るいこの役が 好感持てました。


ソンチャンの助手、ソホン役に チョン・ウンピョ。
お初のはずなのに どこかで見たことがある・・・ ・・・( ̄  ̄;) うーん


そして ボンジュの助手、ウ・ジュンゴ役に キム・サンホ。
髪型に特徴あるお方・・・・ ( ̄w ̄) 
でも 映画に出演されるたび 個性的な容姿やキャラで 味のある俳優さんかも^^
映画 【 犯罪の再構成 】 や 【 楽しい人生 】 など 印象深かった気がします。


そうそう 『 炭対決 』 時に 伝説の炭職人ソンイル役で アン・ギルガン。
アン・ギルガン、実に 静と動の演技が迫力ありました。
特に 幼少時の辛い過去や 母親の自分への愛情を確認しながら
刑務所で 焼き芋をバクバクほおばる姿は ジーン。


その他に 雲岩亭で一緒だったトッキ役に チョン・ジンも出てたなぁ♪
チョン・ジンって 最近 よく名前を目にする気がする^^;
ちなみに この映画に出てくる 
ソンチャンの 痴呆のハラボジ(テリョンスクス(待令熟手)の弟子の一人)役の俳優さんも
チョン・ジンというお名前w









映画なので 凝縮された感じで コメディタッチな部分もあり 
(* ̄m ̄)プッと笑っちゃったり。 ・・・かと思うと 
炭職人の辛い少年時代の回想シーンや
ソンチャンが 今まで一緒に暮らし、
苦楽を共にしてきた、兄妹のような存在の牛を食材に選び 
自ら包丁を入れよう・・・という決断をし 涙を流しながら 静かに見送る姿に ジ~ン。
 

ストーリーでは 歴史的に日本との絡みもあり 
苦手なカタコト日本語も出てきたりしたけど まぁまぁ 普通に見れたかな。


なかなか 面白かったです。^^




















2009-07-24 09:05 / Comment:2 TrackBack:0   ▲ TOP

オモ!映画の「食客」見たんだぁ~~~~~~~
どう?
ドラマ見てから、映画見たから。。。良かったのかな?
映画って、どうしても2時間ちょいで入れ込むから
無理が出てくるでしょi-195
その点では解りやすかったのかな??
でも、役者さんが違うから。。。最初に見たイメージがどうしても強くならない?
KUMAちゃんは大丈夫だった???

By . manami : URL  2009-07-27 Mon 23:19  [ Edit ]


manamiちゃんは ドラマ視聴済みなんだっけ?

ドラマの内容を知ってるから スンナリ入れたのかな。
そうなんだよね。映画は 2時間ちょっとだから
その分 色々と省いてる部分があったのかも。(映画が先なんだけど^^;)
逆に考えて テリョンスクス(待令熟手)は歴史的な人物とあって
映画では描ききれなかった部分をドラマで・・・の方がわかりやすいかも^^
ついつい キム・レウォンとキム・ガンウを比較しちゃったけど
それぞれ いい味を出してたと思うよ( ̄▽ ̄)b

By . KUMAKO : URL  2009-07-28 Tue 19:33  [ Edit ]




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/624-e554e8d1









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。