2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP




       今週末は チャン・ジニョンssi 追悼DAY。















時代には一番驚くべきな女
一人の男には一番美しい愛
1925年、初の民間女性飛行士パク・ギョンウォン

... 鳥になりたかった
つばめが一杯飛ぶ故郷の野原、青い鳥の夢
1925年、皆が夢より生存に従った時代、パク・ギョンウォン(チャン・ジニョン)は
故郷の野原で空に飛ぶ大きな飛行機を目撃する。
人々は機械の固まりが落ちるつもりかと言いながら
恐ろしがったがギョンウォンは 鳥のように飛ぶという強い夢を抱く。
空に向けた夢一つだけで 単身日本に渡ったギョンウォン。
学費のために毎晩タクシーを走らせる中、ギョンウォンは 
偶然にタクシーのお客として乗せた韓国人留学生‘ハン・ジヒョク’(キム・ジュヒョク)と知り合う。
ジヒョクは堂々としていて 熱情いっぱいのギョンウォンにひかれるようになるが、
父の命令で 軍に入隊することになる。

... もっと高く飛びたかった
夢に向けて飛べるように助けてくれた愛という羽
片手間に溜めたお金と努力で 
遂に最精鋭のエリートだけが入学できるという飛行学校に入学した ギョンウォン。
自分の夢に向けて一歩ずつ近付く中、ギョンウォンは
軍の気象将校で帰って来たジヒョクと再会し 互いへの特別な感情を確認する。
しかし 瞬間ごとにギョンウォンに近づく危機は 順調だと思われた愛にも危機をもたらす。
そうするほど ジヒョクは自分のすべてを犠牲にしながら 最後までギョンウォンを守ろうと労力する。

... ついに、この世の果てまで飛びたつ
眩しいほど青い空、皆が不可能と呼んだ夢に向けて
困難を乗り越えて 飛行学校最高の操縦士という名声を得るようになったギョンウォン。
しかし 飛行大会の代表資格を 日本人スターギベ(ユミン)に奪われる。
やっと出場権を取ったギョンウォンは 学校の一方的な出場不可方針に反発する。
ギベと単独競演をして 険しい絶壁を滑降するギョンウォン。
時代と対立したギョンウォンを 切なく見つめるジヒョク。
しかし 彼らは知らなかった。 
この試練の後に もっと大きな逆境が待っているということを...


監督 : ユン・ジョンチァン

俳優 : チャン・ジニョン、 キム・ジュヒョク、 仲村トオル、 ユミン、 
      ハン・ジミン、 キム・テヒョン


 あらすじ  画像 共に BUNKAKOREAより出処。








先日 若くして病気で亡くなられた  韓国女優、チャン・ジニョンssi。
以前 ドラマ【ロビイスト】視聴時に 胃がんで闘病生活を送っていることを知ったのですが
病状も 良好な状態と記事で読んだりしていたので
亡くなったという記事を読んだときは 本当に驚き、衝撃を受けました。
30代半ばにして亡くなるには 本当に早すぎる、惜しい女優さんですよね。
心よりご冥福をお祈りします。 


考えてみれば 私は 【ロビイスト】のチャン・ジニョンssiしか知らないので
( 【菊の花の香り】 は だいぶ前に視聴したので、ほぼ忘れてます ^^; )
この週末の機会に チャン・ジニョンssiを偲んで 出演作品を視聴してみたいと思います。









この映画 かな~り 重かった~><


日本と朝鮮との歴史的な時代背景もあり、韓国では 興行失敗に終わった映画だったのね。
実在した女性飛行士、パク・キョンウォンが主人公だけど
大半の韓国人にとっては 彼女は親日家。
親日家の人にとっては ひとつの「作品」として 受け入れられたんだろうけど
反日家の人にとっては 「親日家をモデルにした映画なんて」
・・・・・みたいな感情が あったんでしょうかね。
その辺は 韓国、日本 また、親日家、反日家・・・・と
それぞれの立場によって 思いも違うので 繊細で複雑な部分ですが。。。。。
でも 全部が全部 事実に基づいて描かれた映画ではないらしいです。




ひとつの 『 映画 』 として観た私には 泣けました。 (´;ω;`)
予習はしてなかったんで
パク・キョンウォンが実在してたのも エンドロール直前で知りました。


最初っから 私の苦手な 『カタコト日本語』 から始まるんですが
自分でも 「大丈夫かな~~~」と心配に^^;
・・・・が 結果 大丈夫でした。^^
日本人と朝鮮人の会話は どうしてもカタコトになっちゃうけど
同胞同士の会話では 韓国語なのよね。
後半からの重い内容と 迫力ある飛行シーンに そんな心配もどこへやら。^^;


では キャストを さら~~っと。









パク・キョンウォン役に チャン・ジニョン。
パーマっ毛のあるショートカットも 似合うのよね。
元々 美人な顔立ちだから 髪型は何でも似合うんだけど
女性飛行士という男顔負けの職業の役だし 芯の強い面やサバサバしたキョンウォン役が
短い髪型で 更に引き立ったような。
ジニョンssiって 一旦 演じる役が決まると 
撮影が終わるまで その役に入り込んでしまうタイプの女優さんなのかなぁ。
表情見てると そう感じる。
拷問のシーンで 唸る場面があるんだけど その唸り声も「誰?」って感じだったし。。。


ハン・ジヒョク役に キム・ジュヒョク。
この方!  @@ 実は 私が途中で挫折した【テルア(テロワール)】に出てた!
実は ジュヒョクssiに イマイチ馴染めず いつのまにか挫折してたんだけど
この映画見終えた今なら なんだか 再チャレンジしてみてもいいかも。 (笑)


木部雅子役に ユミン。
そそ・・・ 言わずと知れた 笛木優子。
キリリとした表情は なんだかクールビューティー。 ← ちょっと懐かしい響き^^
でも 台詞が棒読みのような気がしたのは 私だけ?^^;
ドラマでも もっと上手かったような気がしたけど。。。
いや、嫌いじゃないんですよ、この方。 好きなんですけどね ちと気になりました^^;


イ・ジョンヒ役に ハン・ジミン。
この映画に ハン・ジミンが出演してるとは 思ってもみなかったので 驚いた@@
子役から卒業・・・という時期だったのかしら。
なんだか 初々しい^^


カン・セギ役に キム・テヒョン。
このブログを いつも見てくださってる方には 「 糸田 」 と言えば おわかりで?(爆)
映画【回し蹴り】や【悲夢】に出演されてる よく見かける俳優さん。
他の俳優さんより 出演シーンが短かったけど 墜落した時は 衝撃だった。><


キョンウォンの上司、徳田役に 仲村トオル。
仲村トオルって たしか【ロストメモリーズ】だっけ? ← 未視聴で ゴメンネ、ゴメンネ~ (;^ω^)
それにも出演してたから 韓国映画出演は2本目?
この映画では 特別出演だったのね@@ 
教官として キリリとした厳しさの中に見え隠れする 後輩への愛情。 見事でした。


・・・・・・という感じでしょうか。









中盤 日本女性飛行士の木場とキョンウォンが 飛行練習で競うんだけど 大迫力。
飛行機2機が飛び交う映像と バックで流れる音楽効果が 
観てるこっちまで 心臓バクバク。 大音量にしてたので 余計にね^^
その後の 高度を競う大会のしーんも 手に汗握ってたかも。


後半 キョンウォンとジヒョクが 拷問されるシーンがあるんだけど
思わず 「うわぁ~~><」となっちゃうような 
きっと想像以上の物凄い痛みなんだろうと 予測できるほどの拷問の仕方で。。。><
韓ドラを見てると 時々拷問シーンもあるんだけど
吊るされて叩かれて・・・とか 又は 座った状態で、てこの原理で太ももを痛めつけたり・・とか
そういうのがインプットされてる私なんだけど
ちょっと コレはキツかったです。 ハイ。


・・・なもんで 
そんな痛みを受け続けた後の ジヒョクとキョンウォンの再会(面会)では
久々に 涙が出ちゃいました (┯_┯)


この映画 音響効果も良かったけど 
エンドロールで流れた イ・スンチョルの曲も すっごく心にしみる良い曲だったな。







■ 予告編





■  OST  「 西の空 」  by . イ・スンチョル







2009-09-12 22:03 / Comment:2 TrackBack:0   ▲ TOP

週末は映画だね。。。KUMAちゃん

チャン・ジニョンssi、まだまだこれからだったのにね~e-263
実はジニョンssiは未視聴でしてーー;
亡くなった時にいろいろと検索して見ましたが・・・
役によって?雰囲気が違う女優さんだなぁ~って思ったよ。
すごくセクシーかと思えば、少女のように可愛い感じで、、、
KUMAちゃんもコメしてるように役に入り込むんだろうね~
最期は愛する人に見守られて。。。
アメリカで結婚してて、こういう時期にそうしてくれた彼、旦那さまはとても素敵な人だよね。
すごく短いけど、濃厚な時間を過ごせて幸せだったよね~
きっと。。。ご冥福を祈ります。

で、この映画!仲村トオル出てるの~
結構、韓国映画に出てるんだね!!!



By . manami : URL  2009-09-13 Sun 17:32  [ Edit ]


manamiちゃんの仰る通り 週末は映画になった^^

チャン・ジニョンssi亡くなった事、気になってたのよね。
【ロビイスト】のシーンでも 胃が痛くなるシーンがあったりしたし
闘病してたのも知ってたから なんだか衝撃だったんだ。

・・・って! manamiちゃん、未視聴だったんか~い!(爆)
うんうん。そうなの。
ほんと 役によって 雰囲気違うのよ。
偶然にも 私が見た役柄は 重い役ばかりだったんだけどね^^;

そそ・・・記事は私も読んだけど
最期は 映画みたいだったようで ジニョンssiも幸せに天国に逝ったのだろね。
旦那様 素敵よね。

仲村トオル 教官?上司?役なんだけど 結構良かったよ^^
余談だけど 仲村トオルって 年を重ねる度にイイ味出してる気がしまふ^^

By . KUMAKO : URL  2009-09-14 Mon 01:52  [ Edit ]




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/636-8ce886a9









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。