2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP



        
       週末 最後の1本は コレを観ました。














私を哀しくするのは世の最後の瞬間ではなくて、私に因って涙を流すあなたです…
彼女の髪から菊の花の香りがしました!!

- 1992、3、10 ヒジェに初めて会った日、イナの日記から-

体も心も痛くなかったらいいです。
あなたは知りません。 
私がどのくらいあなたに会いたいのかを…
どんなにあなたを恋しく思うのか…
あなたが何処で何をしてるのか知りたくて、一日にも何度も受話器を持っては置いたか…
なぜそんなに…なぜそんなに…私をそんな風にしてしまいましたか?
けれども 私はこんな日が来るだろうと思いました。
そして、その思いのために、たぶん私は今まで息をすることができました。

私だけの時間はなんの意味もありません。
私が生きている時間は あなたと一緒にいる時間だけです。

-真夜中の音楽世界に送ったイナの事由の中から-

私、もうすぐあなたの元から去っていく、私はもうすぐ死ぬって、
そんな言葉を どうして言えるでしょうか。
プライドが傷付いてとうてい言えません。
彼の哀しみが恐ろしくて、思うこともできません。
私は彼から去ることができないのに、私の愛がそんなに弱く見えるのは とても嫌だからです。
彼が 私のため 絶望するのを見たくません。

-1999、11、9 ヒジェの日記から-


監督 :  イ・ジョンウク
出演 :  チャン・ジニョン、パク・ヘイル



 あらすじは BUNKAKOREAより出処。









チャン・ジニョンssiが 
まさに映画のような人生を辿った・・・と言われた 【菊の花の香り】。


これは 私が、韓モノにハマった当初に観た映画だったんですが
涙涙の内容だったことは覚えてるものの 
内容が ほぼ記憶から薄れてたので 再視聴してみました。
観だすと やはり 海のシーンだったり 
スタジオでのラジオ収録風景だったり ブランコのシーンだったり。
次々と 記憶が蘇ってきて 2度目だからか 涙する事はなかったけど
でも また、新たな想いで ジ~ンと観ることができた。









キャストです。


ヒジェ役の チャン・ジニョン。
サバサバした、明朗活発なのに 事故により 心を閉ざしてしまい
ようやく訪れた幸せの矢先 病魔に襲われる芯の強い女性の役。
思い悩む女性の役が 多いですね。
そして その役を 100%全身で演じているから 観てる方も辛いし
多分 演じていたジニョンssiは 私には想像つかないくらい
もっと 大変だったでしょうね。


イナ役の パク・ヘイル。
実は この方 この作品でしか まだお目にかかったことがなかったみたい^^;
どこかで見たことあるような気がしたのは やはり 再視聴だったからなのねん。
イナのように 純粋に たった一人の女性をずっと想い続けていられる男って
世の中に どれくらいいるかしら(爆)
女性にとっては 申し分のないほど ヒジェに最後まで尽くし・・・・
イナの純愛にも 心を打たれました。


ヒジェの親友、ジョンナン役の ソン・ソンミ。
この方 今だから 「あっ」と思ったんですが
ドラマ【白い巨塔】に出演されてた女優さんです。
ほら、上野樹里ちゃんに 雰囲気が似てる・・・・と 確か書いたような記憶が ^^;




ここからは 脇役なんですが 今では「あっ!」と思えてしまった キャストです。


イナの同僚、カン・ソンホ役に キム・ユソク。
「キム・ユソク??」と思われるかもしれないけど
【クムスン】のシワン役だった・・・といえば わかりやすいかな^^


イナの母親役に キム・ヘスク。
友情出演だそうです。 なんだか 若い~~@@
でも 上品なオモニ役は さすが・・・。


古本屋の主人役に ビョン・ヒボン。
???・・・と思われるかもだけど 【白い巨塔】に出てました。
オ・ギョンファン病理学教授役でしたね。


イナの大学のサークル仲間のパク先輩役に アン・ネサン。
アン・ネサンssi・・・ 本当に 数々の作品で お顔拝見します。
しかも この映画では かなり若いし ≧∇≦


んでもって ジョンナンの勤める内科医、ドクター・シン役に なんと イ・ソンギュンが♪
ドクター・シンって・・・・・。^^; (笑) 
しかし 医者役が妙に似合うんですが・・・。


・・・・・・・・・・・・・・と こんな感じです。




kikubananokaori2.jpg





女性の視点で見ると お腹に子供を授かって 喜びもつかの間
検診によって 他の病気も見つかってしまう・・・・というケースは 稀にあるわけで
決して 他人事には思えないような部分もあるのですが
作品としては イナの長年の純愛が メインとなり 
素敵な 悲しい愛の物語となったような気がします。


ラストが 悲しいんだけど 
でも 数年後の同じブランコのシーンに ついニッコリと微笑ましくなるような。。。。。
良い映画でした。^^


視聴したけど 感想UPしていない・・・・って映画も 沢山あるんで
「○○繋がり」でも また 再視聴できる機会があればいいな ^^
















2009-09-14 01:30 / Comment:2 TrackBack:0   ▲ TOP

前言撤回。。。^^ゞ
ジニョンssi未視聴じゃないや~
v-154見たことある!!
すごい前だけど・・・記憶も薄れてるけど・・・
場面シーンの画像見てて、思い出した。
この間見たサンウの「悲しみより~」で同じようなシーンがあったでしょ~
上の画像にもある、ソファーに向かい合って寝てる場面。
あれ見た時、「う~ん?」どこかで見たような・・・と思ったんだけど
この映画だったのかな???
悲しいストーリーなんだけど、
数年後の同じブランコのシーンはv-398となる
ステキな映画だよね~

By . manami : URL  2009-09-14 Mon 21:38  [ Edit ]


manamiちゃん ここでもアニョン♪ (´・ω・`)ノ
昨日は ドラマ見ながら、そのまま爆睡・・・
週末の夜更かしのツケが どうやらきた模様 ><

この映画は 見た人、結構多いかもね^^

そそ!そうなの~!
私も ソファーに向かい合ってじゃれ合ってるシーン見て
「あれっ」って思っちゃったよ^^;
スルスルでは、何も思わなかったんだけど コレ見て「同じだ~」ってね^^;
ブランコのシーンは 印象深いよね。
私も コレだけは覚えてたんだ ^^

そろそろ e-288 でも シルバーウィークの特集とか放送されてるね。
高速道路 かなり混みそう。
・・・って どこにも行く予定のない私にゃ 関係ない話だけども^^;

By . KUMAKO : URL  2009-09-15 Tue 08:22  [ Edit ]




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/638-16c07b05









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。