2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP





       週末第1本目、視聴なり。 














江原道(カンウォンド)にある 炭鉱の町。
古めかしい社宅に住む、9才の少女ヨンリム。
活気も見い出せない索漠としたこの地で、父(ヘゴン)、兄(ドング)、
そして ヨンリムの三人家族は、笑いを失わず生きる特別な秘密があった。

しかし、学校で、通りで、そして町内で、様々に迫ってくる大小の試練の為に、
その笑いは 黒い炭鉱の町の上に広がる青空の中に、いつのまにか 砕けていってしまった…。


[監  督] チョン・スイル
[キャスト] ユ・ヨンミ、 チョ・ヨンジン


あらすじは inolife.netより出処。 







う~~ん。 
この映画 キム・ギドク監督の匂いがする・・・( ̄●● ̄)クンカクンカ...
もちろん ギドク監督作品ではないのは わかっているけど
見終わったあとの なんとも言えない余韻といい 映像といい。
これも 見る人によっては 絶対 好き嫌いが分かれる映画でしょうね。
私は 好きだな。


・・・と のっけから 感想に入っちゃったけど
内容は 父子家庭、貧しさ、長男の知能障害、病気 ・・・・・と
暗い、暗ーい 重い映画です。
あまり 映像の切り替わりが激しくなく 
自分で 一時停止したんだっけ?って思うほど^^; 
静止シーンに見える部分が 結構ある。
それが 逆に チョン・スイル監督の意図なんだろうな~と 
エンドロールあたりで ようやく 気づかされる私。


・・・・と思ったら やはり、この監督 フランスに留学し、
パリで大学の映画学科を卒業したという経歴だったのね。@@


キャストを ザザ~っと。










炭鉱夫の父、ヘゴン役の チョ・ヨンジン
映画【私たちの生涯最高の瞬間】で、確か元コーチ?監督?で 見覚えが。
【密陽】や ドラマ【ベートーベンウィルス】にも出てらっしゃったようですが
こちらは 記憶ナシ><

ヨンジンの長男、11歳のトング役に パク・ヒョヌ。
知能障害という、難しい役を演じたヒョヌくん。
なにやら 一般オーディションで選ばれた子だったそう。

ヨンジンの長女であり、9歳のトングの妹、ヨンリム役に ユ・ヨンミ
ドラマ【黄金のりんご】や【偉大な遺産】にも出演されてるそうですが
私は未視聴なので わからず><
【ありがとうございます】にも出演されてたみたいだけど 記憶ナシだ><
この映画の 主役は まさにこの子だった。
マラケシュ国際映画祭では 主演女優賞を受賞ってのも なんだか、わかる~。
それだけ ヨンリムの余韻が凄く強いのよ。 特に ラストのバス停でのシーン。

そして 最初と最後だけのバス停での登場ですが 謎の(?)女性役に カン・スヨン
特別出演だそう。この女優さんの出演作は コレが初めて。
数々の 映画賞を受賞した 韓国映画界を代表する女優さんらしいけど
台詞もないのに 冒頭と終盤だけの登場で 
一見、意味がないようで ちゃんと意味があるのよね。

オマケに ヘゴンのトラックが衝突した乗用車の持ち主役に
なんと キム・ジョンテが出演してました@@
この頃は キム・テウクという名で 活動していたのね。
唯一 ジョンテssiだ!と発見した事が 喜びだったかも(笑)



・・・・・・と こんな感じ。










最初 冒頭と終盤にバス停で登場する女性は 
二人の兄弟の母親なのでは?と思ったけど どうやら違った><
バスの中で お互いに目が合い 会話があるのかと思ったけど 何もなく。


廃鉱寸前の廃れた町並み、家族の抱える問題。
それを 9歳という幼いながらも とてもしっかりした女の子が 
時には 9歳の子供らしくにこやかに歌ったり TVを見ながら、楽しそうに歌い踊り
時には 妻のように 母のように 家族をサポートする。
最初は 家族のために希望を持つ女の子が 
限界まできた事に気づき 自分でどうにかしようとする。
う~ん。自分でどうする事もできず?って事なのかな?
兄を襲ったと思われるニワトリをほうきで叩いたり
猫いらずを混ぜたのであろう食事を差し出すところは ちょっぴりゾッとしましたが^^;
ある意味 このポスターが この映画、そのものかも。
9歳という無邪気なはずの年の女の子が 
自分の、家族の、この町のおかれている状況を 
現実から離れて 上から客観的に眺めているような。


廃れた炭鉱の町並や商店街は 何の色も持たないような感じだけど
不思議な事に 私の場合 こういう景色が余韻となって
ある日ふと、また こんな景色を思い出し
懐かしくなるような また見たくなるような 。。。





■ Trailler







2010-02-15 00:35 / Comment:2 TrackBack:0   ▲ TOP

キム・ギドク監督!確かにそんな匂いがするポスター。
このポスターの絵がすごい印象的だよね~
画像が静止してるような・・・フランス映画っぱいのかな?
これ、この主演女優賞をとった子役の女の子の目線を描いてるのかな?
重そうだから、見るぞ!と思った時じゃないと無理そう>。<;

By . manami : URL  2010-02-16 Tue 22:53  [ Edit ]


今日は manamiちゃんをストーカーしてる私(爆)

そそ。
ポスターからして なんだか、そんな匂いがするでしょ(笑)
俳優陣の写真を使うより こうした絵のポスターって
なかなか 内容がわかりづらく 想像をかきたてられる感じ?^^
フランス映画って 映像が静止してるような感じの雰囲気のものが多いのかな?
言われてみれば 15年以上も前に 深夜に一人TVで見た映画なんだけど
今でも その余韻が 時々思い出される事が。
しかし タイトルは勿論、フランス映画だったのか、そうでないのかさえもわからない><
今になって 益々気になってきた(爆)

このポスターの女の子は 映画に出てくる9歳の女の子だと思うよ^^

By . KUMAKO : URL  2010-02-16 Tue 23:55  [ Edit ]




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/679-4adc242e









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。