2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP





      意外にも 未視聴でした^^















ジョンウォン(ハン・ソッキュ)は、小さな写真館を経営している。
父の視力が衰え 仕事ができなくなったため、ジョンウォンが譲り受けたものだ。
ジョンウォンの写真館には、幸せそうな家族写真や、
初恋のジウォン(ジョン・ミソン)と笑って撮った白黒写真、
そして 父が撮った過去の写真が飾られている。
この写真館には 中学生たちが女学校の団体写真を持ってきて、
自分の好きな女学生を拡大してくれと騒いだり、
頭の大きな女のエピソードが与える懐かしさ、
若い頃の写真を持ってきて復元していくおばさんの過去への香り、
死を前にしたおばあさんが一人で訪れてきて、影幀写真を撮るという
涙の出るエピソードがあふれる。

ジョンウォンは30代中盤に立ち入る。
彼は今後どのくらい生きられるのか分からない。彼は死を控えていた。
だが今までジョンウォンは 多くの感情を通過して、
やっと死を静かに受け入れる準備ができるようになった。
ジョンウォンの傍らには早世した母の役まで預かって人生の半分を生きてきた父(シング)、
時折やって来る 結婚した妹のジョンスクがいる。
ジョンウォンの残りわずかな時間は そうやって静かに流れていた。
そんなある日、タリム(シム・ウナ)という女性が現れる。
彼女は ジョンウォンの写真館の近くで 駐車の取り締まりをしている女性だ。
毎日似かよった時間に写真館の前を通り、取り締まった車両の写真を預けていくタリムは、
徐々に ジョンウォンの日常に入り込む。

二十歳序盤のタリムは 大胆で活気にあふれる。
真昼の日差しを避けて写真館にやってきては、夏が嫌いだと文句を言う。
ジョンウォンは死にゆく自分とは違い、
これから人生が始まるタリムから 初夏の果物の瑞々しさを感じた。
タリムはジョンウォンに惹き付けられていく。
彼女がジョンウォンに惹かれる理由は、彼の持つ安らかさのためだ。
フィルムを入れて欲しいと大胆に頼んでも、何も言わずに微笑んで入れてくれ、
駐車の取り締まり中にあった不快な出来事にたいする不平を言っても 
言葉無く聞いてくれる。
彼女は ジョンウォンの胸に穏やかな波紋を起こす。
ジョンウォンは新しい人に出会い、新しい事を始めるには
自分に残された時間が それほど多くないことをよく知っている。

だがジョンウォンは タリムが写真館に来る時間を待つようになる。
突然ジョンウォンの様態が悪化して 病院に担ぎ込まれた。
ジョンウォンは タリムに会うのを恐れる。
生きたくなるのが どんな事か知っているから。
ジョンウォンの状態を知らないタリムは、
ドアの閉じられた写真館の前を何度か行き来していた。
待ちきれないタリムは、手紙を書いて写真館の閉じたドアに挟み込む。
家に帰ってきたジョンウォンは、タリムの手紙と 
いつか撮ってあげた彼女の写真を見て涙を落とす。
タリムはもう写真館に現れない。
ジョンウォンは 駐車の取り締まり員に尋ねて、勤務地を移したタリムに会いにいく。

だがカフェに座って 忙しく働くタリムの動線を、
指で描いて 見守るだけで帰ってきてしまった。
クリスマスを数日後に控えて、ジョンウォンは 自分の影幀写真を撮った。
ジョンウォンは再び病院へ。 また帰ってくることは難しいようだった。
クリスマスイブ。 
タリムが写真館を訪れる。 写真館は出張中の札がドアで揺れて閉まっていた。
館内をじっと見つめるタリムの視線が一ケ所に留まり、
その顔に 驚きが少しずつ浮かんでくる。
くるりとドアに背を向け、両手に息を吹きかけるタリムは顔一杯の笑顔。
微笑んだまま離れるタリムの後の写真館の陳列棚には
「世界で最も明るい笑顔の彼女の写真」が 額縁に入って飾られていた。
その上に クリスマスキャロルが流れる。


[監  督] ホ・ジノ、
[キャスト] ハン・ソッキュ、 シム・ウナ


 あらすじは inolife.netより出処。






昨夜は なぜか 中盤でいつのまにか睡魔に襲われ>< 途中で停止。
最後まで見たかったので 続きを見てみました。









まずは キャストから。


ユ・ジョンウォン役に ハン・ソッキュ
ソッキュssiを見ると 尾藤イサオ+紳介÷2・・・と連想しちゃうんですが 悪い癖だわ><
しかし 地味なお顔ながら 頭が良く真面目そうだったり
はたまた 笑うと 優しさと温かさが溢れてるし。
スクリーンでは その色々な面を あらゆる角度で表現してるのよね。
「俳優」だな~と感じる。

キム・タリム役に シム・ウナ
シム・ウナssiは ビョンホンと共演したドラマ【美しい彼女】しか見たことないけど
正統派な美人女優さんて気が。
2001年に芸能界を引退し 今は二人の子のお母さんとして暮らしてるのね。

ジョンウォンの父役に シン・グ
TV界映画界ともに 大ベテラン俳優さんですが 
私が 印象強いのは ドラマ【ありがとうございます】。
あっ。今、見てるドラマにも出演してるんだった(〃^∀^〃)ゞ

チョルグ役に イ・ハヌィ
この方も 見るドラマ、見るドラマに
必ずといってもいいほどの割合で出てる ベテラン俳優さんよね。

ジョンウォンの初恋の女性、ジウォン役に チョン・ミソン
(´・ω・`)ゞハイ ドラマ【ファン・ジニ】のヒョングム役だった女優さん。
最初は わからなかった><
なんせ 12年も前の映画なんだもんね^^; 映像も古い感があるし。


と こんな感じ。








写真館と、その周辺の風景。 
登場人物も ジョンウォンとその家族、タリムとその周辺の人と少なく
ストーリーも 静かに静かに進行。


でも ジョンウォンの病気の進行と同時に 
決して 直接的に表現されてる訳じゃないんだけど
ジョンウォンの心理状態が 細やかに描かれてるのよね。
タリムと出会ってからの ジョンウォンの『生きたい』という気持ちと
だけど 『自分の運命を受け入れる』という 葛藤も ひしひしと伝わってきて。


時折 写真館の中でタリムと話したり 一人、手紙を読んだりするシーンで
写真館の前の道路を走る、車や人の影が 
光とうまく混ざり合うような映像の表現があるんだけど
ジョンウォンが一日一日を ゆっくり大事に過ごしてるのとは無情に
時間だけが早く過ぎ去っていくような気がさせられた。


自分が死んだ後の事を考え 老いた父親に ビデオの再生の仕方を紙に書き残したり
声を殺して 布団を被って嗚咽するジョンウンの姿や
ラストの 喫茶店の中から、ガラス越しにタリムを見つめるだけの姿は せつなかった><


淡々としてる映画なんだけど 
早かれ遅かれ いずれ誰にでもやって来るであろう【死】を 
自分はどんな風に迎えいれたらいいのか? 感謝しながら 【死】を迎える事ができるのか?
ふと 感じちゃいました。


ホ・ジノ監督作品 【春の日は過ぎゆく】も 見てみたいな。






■ ハイライトシーンに重なる、エンドロールで流れてる歌・・・と
  素敵な映像だったので お借りして貼っておきます^^









2010-02-22 23:41 / Comment:3 TrackBack:0   ▲ TOP
意外~??

こんばんは^^
未視聴だったとは意外だわ^^; 
ハンソッキュはこの頃を経て本当に顔で勝負するだけじゃない俳優さんの道を
広げたような気がするんだけど。また見返したいかも~^^

ところでウリブログ。。最近ログインできないとか・・・記事の途中で切られる(>_<) 
とか多発中。 あの長文レポも書いてる途中でダウンしちゃって。泣くかと思いました(笑)
ちょこちょこ保存してて良かった。
記事のバックアップ用にどこかのブログを開設せねば!
っと本気でちょっと考え始めてます^^;

色々書いたけどさ~、ホントにBB わやかっけ~って思ったよ(笑) 
次のライブでは是非是非KUMAKOさんもご一緒しませう~(*^_^*)


By . のよん : URL  2010-02-25 Thu 00:30  [ Edit ]


オモ!未視聴だったんだね~。。。私と一緒だ^^ゞ
内容も知らなかったから、悲しいお話なんだね。
ハン・ソッキュがもの静かに過ごしているジョンウォンを演じてるのを見てみたい!!
と思ったよ~

随分とv-252らしくなって
今日は暖かいというか汗ばむ陽気でした。
KUMAちゃんとこは?暖かくなってるのかな??

By . manami : URL  2010-02-25 Thu 23:23  [ Edit ]


のよんさん こんばんは (´・ω・`)ノ゛
そそ・・・一番、基本的なコトを忘れてたりするのよね^^;
>顔で勝負するだけじゃない俳優さんの道
まさに その通りよね。こういう俳優さんは貴重♪
良い映画は やはり、月日が経っても良いわ^^

あの長文レポの最中にダウンは かなり、キツいっしょ!><
私も 忍者のツールは使用してるけど こないだメンテ入ってる最中は
自分でも記事が見れなかった^^;
私なんて ここのところ、全くバックアップしてない><
しなきゃね~ 私はココ1本なので、特に。
数あるブログ。どこも、一長一短なんだけどね^^

BB、わやかっけがったってがぁ♪ いいな~^^
でもさ 沢山のペンがいるんだから、色々な意見があって当然^^
モノ申すのも、キャーキャー(´∀`*)言うのも
やっぱ ペンだからこその愛情からなのよね^^
のよんさん これからも情報ヨロシクね♪ 頼りにしてるはんで♪


------------------------------------------------------------

manamiちゃんも 未視聴だったとは( *´艸`)
私も 「感動する悲しいラブストーリー」としか把握してなくて^^;
淡々と 静かに時間が流れていくんだけど
やっぱ 良かったよ^^
最近の韓国映画も面白いけど 
この映画も またいつか見たくなるような、映画でした( ̄▽ ̄)b

今日は コチラは v-279 雨! 日中は 暖かかったよ^^
路肩には まだ雪が残ってるけど 
車道はほぼ雪が無くなったし なんだか、春を感じさせるねぇ( ´-`)
ウリ息子も ようやくv-448の免許とれて 横に乗ってみたけど^^;
身内の運転は (特に免許取立て) 怖や怖や。。。。 ヽ(ヽ>ω<)

By . KUMAKO : URL  2010-02-26 Fri 22:01  [ Edit ]




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/683-e76a70c2









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。