2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP





     見ました^^















十三歳… 彼女の心の奥深くに隠された秘密が一つ..!!

十三歳は小学校を卒業して中学校の制服を着る年。
スアは お父さんが死んだ後食堂を営むお母さんとふたりきりで暮らしている。
小言ばかりで 思春期に入ったスアがどんなことを考えているかなんか
全く関心のないお母さんは スアの一番の不満。
そんなスアの唯一の楽しみは 歌手ユン・ソリョン。
お母さんは隠そうとするが、スアは知っている。
実はスアの本当のお母さんは ユン・ソリョンだということを!!

過ぎ去ったことは すべて恋しさになる...
今日、スアは家を出る!

しかし 楽しいのもつかの間!
一瞬に生活の基盤だったお母さんの食堂が売れて、
友達と遊ぶこともだんだん難しくなって..
母親と娘、共に厳しい世の中で行く所を失い
スアは ソウルにいる本当のお母さん歌手ユン・ソリョンを
たずねて行くこをと決心するが..


[監  督] キム・ヒジョン
[キャスト] イ・セヨン、 チュ・サンミ、 キム・ユナ









【僕が9歳だったころ】のイ・セヨンssi繋がりで視聴。











イ・スア役の イ・セヨン。
冒頭のスアを見て 「ん?あれ?この子だったっけ?」と思ってしまったほど
メガネをかけるスア役が ダサく見えた^^;
でも メガネを外すと やはりセヨンちゃん美人。
途中、友達同士でふざけてメイクをするシーンがあるのですが
好奇心のメイクでも やはり綺麗だな~と思っちゃった。

スアの母、ヨンジュ役に チュ・サンミ。
最近では ドラマ【シティーホール】でお馴染みの女優さん。
娘のために必死に生活を支える母役ですが 良かったです。
終盤の バスの中での開店祝いの席で歌を披露するシーンがあるのですが
歌も 意外と上手でびっくり^^

ヨンジュの恋人、ヨンピョ役に チェ・ミョンス。
見覚えのある俳優さんですが 
映画【強敵】や【セブンデイズ】に出演されてました。
ヨンピョの ヨンジュへの愛情はもちろんですが
焦らず 急がず ちゃんとスアの事も考えてるんですよね。

歌手、ユン・ソリョン役に キム・ユナ。
オモ。本物の歌手だったとは@@
歌が上手いワケですw

スアの友達、ウンジ役に ユ・ヒョンジ。
この子 結構前からお馴染みのお顔の子役女優さんで
なぜか 見るとε-(´∀`*)ホッ とする(笑)
ドラマ【ごめん、愛してる】や【雪の女王】にも出演、
【ベートーベン・ウィルス】にも出てたんだ^^











13歳という 多感な、
いわゆる 思春期の一人の女の子の心情を上手く描いてる映画。
スア役のセヨンssiの表情が また上手いんですよね。
亡くなった、自分の本当の父親が忘れられず
母親の恋人を かたくなに認めようとしないスア。
父が書き遺した昔の日記から 自分の本当の母親は 
歌手のユン・ソリョンだと思い込んでしまうんだけど
頭の中での妄想が凄く 
ユン・ソリョンと会いたいという想いを さらに膨らませてしまう。


先日視聴した映画に引き続き (-m-)
私の13歳という時期は どんなだったでしょうか(笑)
確かに 色々な事を考えてたかなぁとも思うけど
ここまでは 妄想は激しくはなかったと思う(爆)


で、スアの母は 日頃は文句ばっかり言ってるけど
スアの家出事件で スアが日頃どんな事を考えていたのかを知り
申し訳なく思い、見つけたときに思いっきり抱きしめる。
それを 決して前に出ることなく 
陰で見守る、ヨンピョが また良かった。


スアが 亡き父にサヨナラを告げる物悲しい夢を見た後 外に出てみると
ゴミの山の前で黄色いバスを磨いている母・・・・・というラストが
綺麗だったし なんだか良かった。
希望というか スアが 母への愛情を再確認し
心機一転、これからの新しい生活に 
ちゃんと向かい合おうとするのが感じられて。











■ Trailler













2010-11-04 00:46 / Comment:0 TrackBack:0   ▲ TOP



コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/737-f7b6094e









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。