2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP





        見ました^^















幼い時自分を捨てた実の母を探すため、
そして 自分の過去を求めて 一人きりソウルへ来たメイ。
空港のタクシー乗り場で
珍しい心臓病ミンヒジェスティン症侯群で苦しむタクシー運転手ウンソルに会う。
ウンソルのタクシーに乗って 養子縁組記録に書かれている住所を訪ねるメイ。
しかし叔母が彼女を迎えて、
生みの親は幼い頃、事故でこの世を去ったという事を知る。
むなしく寂しい心で ホテルに向かうためにバス停を探すメイ。
偶然に ゴミ箱の横に捨てられたウンソルの財布を見つける。

治療薬もない不治の病で 心臓が2、3秒止まる珍しい心臓病を病んでいるウンソル。
毎日タクシーを走らせながら、消息が途絶えた同窓生たちに電話して安否を伺い、
自分のものを整理して 写真を焼いて世の中の終わりを準備して行く。
メイの呼び出しでバス停に出たウンソルは
財布を返してもらって 近くのホテルに連れていってと言う彼女の言葉に
自分の家の前のホテルに彼女を下ろしてやる。
その日以後 ウンソルは向かい側の彼女の部屋を
自分も知らずにしきりに眺めるようになった自分に気づくが……


[脚  本] [監  督] チュ・ジホン
[キャスト] チャンヒョク、 ソン・ユリ、 チャ・テヒョン(特別出演)


画像  あらすじ共にBUNKAKOREAより出処。


■ 韓国公式サイトは こちら。







チャン・ヒョクとソン・ユリ・・・・
キャスティングが なかなか豪華だったので、「どんなんだろう?」と、
ちと期待してしまいましたが B級映画っぽい気もするかな。
でも 静かに穏やか~~~~に 
ゆ~~~っくりと時間が進んでいくような雰囲気で
私は嫌いじゃなかった。
(・・・・・のワリには 昨夜睡魔に勝てず途中で終わり、後半は今日見た^^;)










ウンソク役に チャン・ヒョク。
ヒョギ、不健康な役が似合うと思うのは 私だけでしょうかw
時々、心臓が停止してしまうという珍しい病気にかかり
自分の短命を覚悟しつつ 酒は飲むわ、煙草は吸うわ・・・・の役だったんだけど
ぴったりヒョギがハマってました。
ただ それを除けば 特にワルでもなくクールでもない
普通なナムジャの役は 逆に新鮮味があったかも。

メイ(イ・ウォンソン)役に ソン・ユリ。
ユリssiは この映画がスクリーンデビュー作となったんだね。
演技も自然だったし なかなか良かった。

この二人、ノーギャラで出演されてたんですね@@

そうそう。
ウンソクの同僚ヨンナム役に 特別出演でチャ・テヒョン。
特別出演なだけに 登場シーンはちょこちょこっとなんですが
ヒョギとテヒョンssiの2ショットは 得しちゃった気分。










穏やか~~~に 静かに過ぎ行く時間の中 
終盤にウンソクの過去と メイの過去が繋がるんだけど
タイトルでもある「うさぎとリザード」。
ウンソクの捜し求めていた「赤いウサギ」ってそういう事だったのね。
そして メイが自分の背中にいるという「リザード」。
リザードとはトカゲの意味なんだけど
背中の傷跡が トカゲのような形になっているんですよね。
きっと 幼い頃にアメリカで「トカゲみたい」と英語で言われてたんでしょうね。


映画全体の雰囲気は暗いんですが
ところどころのシーンがファンタジーっぽく感じたり
お洒落な感じだったりしたとこが 印象に残ったかな。








■ Trailler












2010-11-21 15:56 / Comment:0 TrackBack:0   ▲ TOP



コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/744-29bcb49a









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。