2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP





     見ました。














500年前の朝鮮時代

伝説の笛が妖怪の手に渡って 世の中がうるさくなると
神仙たちは 当代最高の道人チォングァン大師とファダムに助けを求めて 
妖怪を封印して伝説の笛をふたつに分けて 2人にそれぞれ任せる。
一方、チォングァン大師の暴れん坊の弟子田禹治が忍術で王を欺いて騷動を起こすと、
神仙たちは ファダムとともにチォングァン大師を尋ねる。
しかし チォングァン大師は誰かに殺害されて 笛の半分が消えた!
犯人にされた田禹治は 神仙たちによって
自分の犬チォレンイと一緒に絵掛け軸に封印される。

妖怪捕まえる道士も いつのまにか伝説になった2009年ソウル.

どうした事か 封印された妖怪たちが一つ二つまた現われて 世の中を騒がせる。
今は神父、占い師として それぞれ隠遁生活を楽しむ神仙たちは
また集まってファダムを捜すが、500年前修行を理由に隠れた彼は生死さえわからない。
苦心のあげく神仙たちは 
博物館の展示品になった絵掛け軸を見つけて 田禹治とチォレンイを呼び出す。
妖怪たちを捕まえて来れば 封印を完全に解いてやるという提案に
やむを得ず妖怪狩りに出た田禹治。
しかし田禹治は 妖怪狩りは後回しで変わった世間見物に忙しくて、
酒も飲んで 過去一目惚れた女人とまったく同じ顔を持つ
ソ・インギョンに会って恋沙汰まで始める。
田禹治に頭を痛める神仙たちの前にちょうどファダムが現われるが、
ファダムは 伝説の笛の行方について田禹治と対敵するが…


[脚  本] チェ・ドンフン
[監  督] チェ・ドンフン
[キャスト] カン・ドンウォン、 キム・ユンソク、 イム・スジョン、
       ユ・ヘジン、 キム・ヒョジン

画像  あらすじ 共にBUNKAKOREAより出処









時代劇の感動するアクションものかと思って見始めましたが
アクションはアクションでも コメディ映画でした^^
苦手な ファンタジー的な要素もややあったけど 大丈夫だった。
楽しめました^^


出てくる妖怪達が 映画【グエムル】を思い起こさせるような
横に縦に・・・と もの凄いスピードの速さの動きだった。(´~`)
アクションゲームで闘ってるような感じだった。










チョヌチ(田禹治)役に カン・ドンウォン。
【義兄弟】では無口で無表情な役だったので 
この『ならず者』役は 妙に新鮮。
でも アクションシーンは なかなかいいサマになってた。

ファダム役の キム・ユンソク。
あれ、ちょっとお太りになられました? それとも役作りで?
作品ごとに色々な姿、表情を見せてくれるユンシクssi。
この作品では悪役でしたが 貫禄が感じられる。

チョンウチの師匠、チョングァン大師役に ペク・ユンシク。
特別出演だそう。 (´・∀・`)ヘー

寡婦ソ・インギョン役に イム・スジョン。
スジョンssi 久々に見た気がするけど こういう役だったんだ。
ん~ なんとなく この作品ではスジョンssiの存在感が イマイチだった気が。

そして脇役なれども 私には一番(?)光って見えた(笑)チョンレイ(犬)役の ユ・ヘジン。
時には 馬になり、時には人間の姿になり、
動かないチョヌチに 必死に「死んでしまったのか~」と言ってるかと思ったら
ホウキだったり・・・と 最初から最後まで 面白かった。
ヘジンssiって 映画【王の男】で 
凄く印象に残る顔の俳優さんだな~とインプットされてたけど
昨年は キム・ヘスssiとの噂もあり 大人の恋も素敵だな~と思ってました。
また 話がそれた^^;

そして3人の神仙役に ソン・ヨンチャン、チュ・ジンモ、キム・サンホ。
3人3様のキャラで 映画の面白味に輪をかけてるようで 楽しめた。

現代の女医(妖怪)役の女優さん どっかで見たことが・・・・と思ってたら
ドラマ【クリスマスには雪が降るの】に出演されてた女優さん、ソヌ・ソンだった。 

他 特別出演に スジョンが仕えていた女優役に キム・ジョンア。
キム・ヒョジンssiも特別出演されてたみたいだけど 記憶から飛んでるかも><










素早い動きの妖怪に負けず劣らず 
息をつく暇もないようなくらい 展開がもの凄く早くて
その激しい展開についていこうと 必死に目をみはってましたが
前日コンタクトをしっぱなしで寝てしまい、酸素不足気味の目のせいか><
なぜかしら 逆に、途中で睡魔が何度も押し寄せてきてしまい^^; 
何度も同じ場面を見るハメに(;´д`)
面白いのに、なんで~~~!!って感じでした(ーー;)


500年もの前の朝鮮時代から 現代へのタイムスリップ的なストーリーや
絵にス~~~っと入り込んだり 出てきたり。
今では当たり前のようなCGですが なぜか新鮮だったかな。
500年前の時代でストップしているチョヌチが
現代に連れてこられ 戸惑ってる姿が可愛かった。(笑)















2011-02-07 01:27 / Comment:0 TrackBack:0   ▲ TOP



コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/762-a6fed661









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。