2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP





      見ました。















刑事の妻、彼女が残した殺人の跡
すべての証拠が彼女を示す!

悪名高い組職のナンバー2がナイフで数回刺されて
残忍に殺害される事件が発生する。
現場に出動したソンヨル(チャ・スンウォン)は
犯人が残したように見えるグラスに残った口紅のあとと落ちたボタン、
イヤリングの片方を見つけて衝撃を受ける。
犯人の痕跡が今朝、外出の準備をしていた妻(ソン・ユナ)の口紅の色、
妻の服についていたボタン、妻のイヤリングだということを悟ったから。
ライバルと同時にパートナーであるチェ刑事の目を避けて 
本能的に証拠を消すソンヨル。
彼は 事件当日尋ねて来た女を見たと証言する決定的目撃者さえもみ消す。

“俺たち掛けでもするか? 誰が早く捕まえるか!”

死んだ被害者の身元がわかると捜査1課は緊張する。
それは被害者の実兄が チルソン会のボスジャッカルだとわかったから。
ジャッカルは警察をあざ笑って自分で犯人探しをすることを宣言して、
捜査をするほど高くなる妻の殺人可能性に混乱したソンヨルは
ジャッカルの加担によってますます窮地に追い込まれる。
しかし妻は 事件当日のアリバイについて口を割らず、
とうとうソンヨルは 
もう一人の容疑者である前科3犯のソクジュン(キム・イングォン)を
犯人に追い立てて逮捕に至る。

果して真実は? 誰が何を隠しているか!

妻の痕跡を隠蔽するためのソンヨルの動きは
彼の弱点を握るために血眼になっているチェ刑事の視線をひく。
ソクジュンが犯人でないことを知っているジャッカルも ソンヨルを疑い始める。
圧迫の中で妻を海外に逃がすために走りまわるソンヨルに 一通の電話がかかって来る。
決定的証拠物を持っているから取り引きをしようと提案する疑の声。
電話の中の声は警察と 
ジャッカルに犯人の顔を消した事件当日のCCTV テープを同時に送り、
自分の言う通りしなければ 
CCTVの中の犯人の顔を公開するとソンヨルを脅かすが…

 
[脚  本] ユン・ジェグ
[監  督] ユン・ジェグ
[キャスト] チャ・スンウォン、 ソン・ユナ、 リュ・スンリョン、 キム・イングォン


画像  あらすじ共に BUNKAKOREAより出処。








う~~~~ん 実に面白かった。
可笑しいの面白さではなく 内容が引き込まれる面白さ。
最初は 「また暴力的な感じの映画か」と思いつつ見始めたんだけど
中盤~終盤は どんどん裏が暴かれて最後に繋がり
「あ~ こういう事だったのか!」という感じ。
やっぱり エンドロールを最後までみるべき、とつくづく実感した映画。












キム・ソンヨル役に チャ・スンウォン。
最初 スンウォンssiには刑事役って似合わないかもと思ってたけど
まぁ 映画の中の強力班には 色々なキャラがいるって事で 全然OKだった。
自分のせいで娘を亡くし 気づいた時には既に遅し・・・みたいな感じで
妻の顔色を伺いながら、よそよそしい夫婦生活をするソンヨル。
今もなお妻を愛し、何としてでも妻を守りたいという気持ちと
それに矛盾して、妻に疑惑をもってしまうやるせない気持ちとの葛藤は さすが。

ソンヨルの妻、ユ・ジヨン役に ソン・ユナ。
ユナssi ドラマ【オンエア】を見た頃は 役のキャンキャンしたイメージが残ってて
ちょっと苦手だったんだけど
その後 ソル・ギョングssiと結婚の話題があったキッカケで 
ちらほらと作品を見させていただいた。
この映画の撮影時は 結婚前なのか後なのか定かではないけど 
女性としてスタイルも良くて 凄く綺麗。
母として 妻として 女として ・・・の悲しみを 表情で演じきっているような。
夫の裏切りへの悲しみが殺意を抱かせ 
でも まだ夫を愛している、というような表情が たまらなく私は好き。

ジャッカルことチョ・グァンチョル役に リュ・スンニョン。
おぉぉ~。 
この方は 去年見たドラマ【個人の趣向】でゲイ役だった、あのお方@@
幅広い役を演じてますね~。 低いダンディな声は相変わらずですが
何を考えているかわからないヤクザのボス役も なかなかのもの。

パク・キョンホ役に オ・ジョンセ。
なんとな~~く 「こいつクセものかも」とは思ってましたが
後に このキョンホが、重要なポイントに。
ラストの病室では キモかった~~~><

そして ピョン・ソクチュン役に キム・イングォン。
登場した時は つい 
( 」´0`)」イングォンssi~~~♪ と叫びたくなる衝動にかられましたが(笑)
毎回3枚目の役が定番な感じですが でも 実力のある役者さんですよね。
取り調べの際の台詞のタイミングや 終盤の最期のシーンは
見てて さすがだなって感じた。

・・・・・・・と こんな感じでしょうか。












結局 この映画のタイトル【シークレット】(秘密)にあるように
夫も妻も 警察の同僚達も 皆、秘密を抱えてるわけです。
そのシークレットな見えない部分が 点から線に繋がっていくのは ある意味スッキリ。
ソンヨルを嫌っていた同僚も 最後はやはり助けに来てくれたし。
ラストのラストまで見終わっても 
まだこの先、終わってないよ・・・と思わせるようなエンディングは
後味が悪いような気もしますが 私は好き。

 
ここのところ 暗い重いテーマの韓国映画視聴が続いてるせいか
「また、こんな感じか」と思ってしまいそうだけど
こういう ラストに一転、二転する展開がある映画を見ると
「これぞ韓国映画!」と まだまだ韓国映画の面白さを追求したくなる^^; 


・・・・と言いつつ 明日からは ドラマに突入しまーす (∀`*ゞ)エヘヘ























2011-02-09 01:40 / Comment:2 TrackBack:0   ▲ TOP

アンニョン~~( ̄´-` ̄)ノ

本日 臨時で休みだった為
久々に ウイークデイに一人家に…ヾ(●⌒∇⌒●)ノ
何をしようか考え 観ていない映画が山ほどある事を思い出し
コレ観た…(^ー^* )フフ♪

まさにシークレット
KUMAちんの言うとおり それぞれが抱える秘密の点が線で結ばれる面白さ…
エンドロールまで使い 引っ張る 面白さ…

KUMAちんと同じで 最初は 「う…また 血の海の映画か…」
なんて 思って観ていたけど 全然違ったね

私は ソン・ユナが好きでね~~♪
それで この映画 とっておいたの
オンエアのソン・ユナは それまでのイメージをひっくり返すキャラだったので
新鮮な気持ちで観た記憶がある
元々の彼女のイメージは この映画のキャラっぽい感じだったからね
イマドキの顔ではなく、ちょっと古風な顔の美人だと思う
大好きな女優さんでっすd(>_< )Good!!

スンウォンssiは ちょっと苦手な俳優さん(6 ̄  ̄)ポリポリ
でも この映画は良かった(*'ー'*)

イングォンssiは いいねd(⌒ー⌒)
本当に 味のある どんな役でもこなせる俳優さんですわ
この映画の後『イケメンですね』のメイキングを観たんだけど
マ室長な イングォンssi…本当に 良い俳優さんだと つくづく思った(^-^)b

あぁ 久々に 一人でマッタリできた 休日でありました♪

By . heso : URL  2011-04-08 Fri 20:10  [ Edit ]


hesoちん あんにょ~~ん(´・ω・`)ノ゛

韓国映画って 結構、血の海だとか暴力だとかのジャンルも多いけど
先入観もって見始めたら あれ?違った・・・というのもあるよね。

私も ユナssiって 本当に綺麗な女優さんだと思う^^
確かに イマドキの顔ではないよね。
私が男だったら惹かれるだろうな・・・と 思ってしまう。
ギョングssiと結婚してお子さんが誕生してから
もっと綺麗になったような気がする。

hesoちん スンウォンssiは苦手か(笑)
私もいまひとつ苦手だったんだけど 
ドラマ【シティーホール】見てから 高感度UPしちゃったよ(〃^∀^〃)ゞ

イングォンssiは 激しく同意!(≧▽≦)ノ マ室長も良かったよね。
ドラマでも映画でも イングォンssiがいるのといないのとでは
まったく違うモノになるよね。
変なたとえだけど 料理に絶対欠かせない調味料というかw

臨時休みで まったりTimeが持てたようで何より^^
映画やドラマを 何も考えずに集中してみれるって事、
本当に貴重だよね。 
今までもそう思ってたけど 震災後は特につくづく思う。
hesoちんとこは 余震の際、揺れだけで済んだのかな?
まだしばらく 余震とのお付き合いも続きそうだね><

By . KUMAKO : URL  2011-04-10 Sun 11:10  [ Edit ]




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/764-dec712af









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。