2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP





      見ました^^

















“このごみで何をするつもり?”
不順な目的(?)で大韓民国国家代表になったやつら

1996年全羅北道モジュ、冬期オリンピック誘致のために正式種目の一つ、
スキージャンプ国家代表チームがにわか作りされる。
ここに前子供スキー教室の講師パン・ジョンサム(ソン・ドンイル)が
国家代表コーチに任命されて、彼のあらゆる口説きに精鋭(?)メンバーが集まる。
前ジュニアアルペンスキーアメリカ国家代表で、実の母を探しに韓国へ来たボブ、
女がいなければ一日も堪えられないナイトクラブのウエーターフンチォル、
日夜炭火を起こしながらお父さんの言うとおりに生きて来た肉屋の息子ジェボク、
お婆さんと弟の面倒を見なければならない大きな荷物を背負った少年家長チルグ、
そんな兄を深く愛する4次元弟ボングまで!
パンコーチはまるで神にでもなったかのように
母親と一緒に住む家が必要なボブにはアパートを、愛のためまたは扶養家族のため
彼らと一緒にいなければならないフンチォル、チルグ-ボング兄弟、
そしてジェボクには軍免除を約束する。 ただし金メダルを取れば!

“くそ! これが科学的な訓練だって!! 載せる!!”
ジャンプ服がなければ、ジャージを着て!
ヘルメットがなければ、安全帽をかぶって! ジャンプ台がなければ、作って!!

スキージャンプがどんなものか知らないが 
スキー経験があるという理由で選ばれた人々が集まって
大韓民国初のスキージャンプ国家代表チームが結成される。
しかしスキージャンプ(Ski Jump)のスペリングも分からないコーチと
まったく経験のない国家代表選手たちの訓練は険しい。
まともな練習場もなく、ジャンプ台工事現場を転転としなければならなかった。
まともな保護装備やジャンプ服もなくバイクのヘルメット、
工事現場の安全帽を使って空身で訓練に臨まなければならなかった。
それにもかかわらず、ジェボクの肉屋の前の庭先での地上訓練を始まりに、
木のてっぺんに紐をぶら下げての空中曲芸(?)、
時速90kmの乗合車の上にスキージャンプ姿勢に固定されて走る危険な疾走、
つぶれた遊園地のフルムライドをジャンプ台に改造して
命をかけて飛びおりるなど科学的(?)訓練で武装する選手たち!
こんな無鉄砲なトレーニングにも彼らはどんどん選手らしい姿を身に付け、
スキーに頼って空を飛ぶ瞬間に喜びを覚える。

“さあ、ワールドカップまで一週間残った。そこで6位内に入ればオリンピックだ!!
私たちが8チーム中6位になれない?!”
いよいよ世界舞台初進出! ワールドカップ? 次は本物のオリンピックだ!!

ついに紆余曲折の末にOberstdorfワールドカップに参加した
大韓民国スキージャンプ国家代表チーム。
外国選手たちのあざ笑いと無視にも屈せず彼らは最善をつくすが、
意図しない事件に結局良い結果をおさめることができない。
それでも長野冬季オリンピック出場資格を得た大韓民国国家代表チームは
それなりに錦を飾りオリンピック進出の夢をふくらませる。
しかし韓国は冬期オリンピック開催地選定に遂に脱落して、
スキージャンプ国家代表チームは解散の危機に直面する。
軍免除のために、お母さんを探すため、
もうこんな個人的な名分を越えてスキージャンプに対する愛情と情熱、
そして挑戦精神だけで競技に出場を待ちこがれるが..

果して彼らはまた飛びあがることができるか?


[脚  本] [監  督] キム・ヨンファ
[キャスト] ハ・ジョンウ、 キム・ドンウク、 キム・ジソク、 
       イ・ジェウン、チェ・ジェファン

画像 あらすじ 共にBUNKAKOREAより出処。









長編ドラマを見終わった後 それも凄く良かった【トンイ】だったから
もうちょっと余韻を楽しみたいとも思ったんだけど
まだまだ見たいリストが超溜まってたんで 気分の切替のため映画を視聴^^


いや~ この映画 凄く面白かった! 
時間的に2時間半くらいなのだけど 全然飽きることなく
最初から最後まで ず~~っと見入ってました。
むしろ 逆にもっと見ていたかった気もする そんな映画でした。


キャストも お腹いっぱいって感じなくらい 私的に凄く豪華^^
では そのキャストをザザ~っと^^










ボブ・ジェームス(韓国名:チャ・ホンテ)役に ハ・ジョンウ。
なんだか この映画で ジョンウssiって素敵だな~と思ってしまった。
ここ数年で チョイ役から存在感ある俳優へと変化しているのが
目に見えてわかるんだけど 演技がとてもナチュラルというか
黙って立っているだけでも 雰囲気あるのよね。


コーチのバン・ジョンサム役に ソン・ドンイル。
この俳優さん ドラマでお馴染みの俳優さんなんだけど
味があって 好きなのよね~。
あきらかに中年のおじさんってコーチなんだけど 
おちゃめであり 時にカッコいいと思ってしまうのは 何なんでしょう^^;

カン・チルグ役に キム・ジソク。
( ゚д゚)ハッ! 私、今の今まで ジソクssi=ユ・ハジュンssiだと思ってた@@
ドラマ【ある素敵な日】でストーカーのような設定の役だったのは
ユ・ハジュンssiで ジソクssiではなかったのね~~><
ドラマ【推奴チュノ】の感想の記事でのジソクssiのキャスト紹介、
完全に間違えておりました>< すみません m(。_。;))m ペコペコ
改めまして^^; ジソクssi、結構最近気になる俳優さんの一人かも。
2回目に飛んだシーンは 予測してたけど残念だった><

チェ・フンチョル役に キム・ドンウク。
もちろん ドラマ【コーヒープリンス1号店】を見た方は 
既にご存知かと思いますが そう、あのハリムです^^
既に 映画も数本、出演されてたんですね。
チャラチャラしてて 薬中毒のやる気のない感じが 意外と良かった。

マ・ジェボク役に チェ・ジェファン。
ドラマ【食客】や【パスタ】で、気が優しくて弟分のようなイメージがあるけど
そんなキャラが この映画でも^^
スキージャンプに対しての情熱や、愛する彼女に対しての責任感があるし
(とはいえ、しっかりやる事はやってたのね(笑))
父に叱られ殴られようと 我慢していたのは
父親を心底、尊敬していたからなのよね(┯_┯)

チルグの弟、ボング役に イ・ジェウン。
あれ~( ̄~ ̄;) このコ、印象的なお顔で
どっかで見たことあるけど どの作品だったっけ。
・・・って思い出したら 
映画【愛してるマルスンさん】、【グエムル】だったのね! スッキリ!
なんとなく このコが主役なのでは? ・・・という気もしないではないけど( ̄m ̄〃)
この映画では欠かせない、重要な役どころでした。

コーチの娘、スヨン役に イ・ウンソン。
やや イ・ナヨン系なお顔立ち?


そして おお~っ!と思ったのが 友情出演のこの方々。


薬剤師役に オ・グァンノク。
この映画の公開前に逮捕されたのよね。(´・ω・`)
味がある好きな俳優さんの一人ですが
「一箱どうだ?(風邪薬)」って そんな台詞、サラリと言っちゃっていいのか~と
一人勝手に、ハラハラしてしまった^^; すみません。
もちろん、演技だって承知のうえです^^;

金貸業のボス役に キム・スロ。
おお~ この役で登場か!@@ と、出てきた瞬間、ちと興奮してしまった(笑)

オリンピックの解説者役に チョ・ジヌン。
最近では 映画【父,山(プサン)】でお見かけしたんだった。


・・・・・・・・・・・ と こんな感じです。










オリンピックのスキージャンプ種目をテーマにした作品を見るのは初めて。
もちろん スタントを使ってるとか、CGを使ってるとかなんだろうけど
上から滑ってくる途中の空間の、速度を感じる無機質な音や
ジャンプ台に到達するまでの選手の緊張感を 
なかなか リアルに描いてるな~と。
長野オリンピックがこの映画の舞台だということもあって
日本を それなりに表現してる箇所があるけど ← 韓国映画にはよくあるw
アメリカチームが韓国チームに対して (正確にはホンテに対して)
からかってる部分もあるし
特に そんなに気に障るようなこともなく。
冒頭の字幕にあったように 事実を脚色したフィクションの映画なので
それを念頭ににおき 映画として楽しめた。


スキージャンプチームのオリンピック出場という夢を持つコーチと
人生の環境がそれぞれ違う4人+補欠1人。そして、紅一点の女。
ぷっと笑える、面白可笑しいシーンもあれば 
スキージャンプというスポーツを通して
全く性格の違う仲間たちが、一つになっていく過程の
熱い友情に自然に微笑んでしまったり
かと思えば 親子の情に感動してジーンとなるシーンもあるし。
とにかく 最後まで飽きさせない内容になってました。


バックに流れる曲も そのシーン毎にバッチリあってて良かったし
大満足な映画でした^^ 












■ Trailler












2011-03-03 23:09 / Comment:0 TrackBack:0   ▲ TOP



コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/768-8c6e9c3f









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。