2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP





     見ました^^















筆先で伝える朝鮮初のエロチシズム

4代続いた絵師家門の末娘で神妙な絵の腕前で
兄シン・ユンボクの代わりに内緒で絵を描いた7歳の天才 ユンジョン。
平凡だった彼女の人生は ある日兄の自殺によって失われる。
絵のために女を捨てて 兄シン・ユンボクとして暮すことになった。

朝鮮最高の画家キム・ホンドの心をときめかせるほど 
ずば抜けた才能をもったユンボクは 自由で果敢な愛を描き、
朝鮮初のエロチシズムを見せる。
しかし彼の’俗画’は 淫らで低級だという叱咤を受ける。

絵のために男として生きたユンボクの前に、
ある日カンムが現われて 生まれて初めて愛という感情を知る。
愛する人の前で女になりたかったユンボック、
ユンボクのために命も捧げることができる彼女の初恋の人カンム。
弟子の才能を愛してその全てを愛するようになったキム・ホンド、
ホンドに向けた愛で嫉妬に捕らわれた妓女ソルファ。
250年間隠されてきた秘密を持つ「美人図」を囲んだ
彼らのすれ違う愛と致命的嫉妬は 予想出来ない不幸を呼ぶ。



[脚  本] ハン・スリョン
[監  督] チョン・ユンス
[俳  優] キム・ミンソン、キム・ヨンホ、キム・ナムギル、チュ・ジャヒョン








実はこの映画 今頃、前編見たんです。
というか 以前 美味しい部分だけ見てしまい (*´ェ`*)ポッ 
結局 そのままだったのよね (∀`*ゞ)
その後しばらくして ドラマ[善徳女王]のピダムを見て
あ~ あれはナムギルssiだったんだっけ~ って思って、そのまんまだった。


では キャストから。









ユンボク(ヘウォン)役に キム・ミンソン(現:キム・ギュリ)。
てっきり お初かと思ったけど
実は 映画[アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~]や 
ドラマ[オンエア]にも出演されていたんですね~。
パーツの一つ一つが大きくて インパクトのあるお顔立ちというか
自然で嫌味のない、上品なタイプの美人女優だなと思った。
スタイルも良くて 綺麗な裸体でした (*¨)(*・・)(¨*)(・・*)ウンウン

キム・ホンド役に キム・ヨンホ。
どこかで見た事が・・・・と思ったら 最近見た作品では 映画[父,山 (プサン)]、 
以前では [回し蹴り]の先生(監督)だった人だ@@

カンム役の キム・ナムギル。
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!! ・・・と 大げさすぎですが^^;
こういう役 似合いますよね。
もともと アクションは得意だったんでしょうか。

ソルファ役に チュ・ジャヒョン。
あれ~ ついこないだ見た映画、[食客2 ~優しいキムチの作り方~]に出てたんだ@@
それも ソンチャンの母役で。 あ~ 回想シーンのね。
キーセン役、綺麗でしたけど 女の嫉妬心といいましょうか、
女の情念といいましょうか、キッと睨む表情は怖かった^^;

幼い頃の実兄ユンボク役に 先日見た映画[空を歩く少年]の カン・サン。
[うさぎとリザード]にも出てたの 今頃になってハッキリ思い出した。
最近 物忘れが激しくてマジで困ります><


・・・・・と こんな感じでしょうか。








早速ですが 中盤のあのシーン、再度見ましたが(え。)やはり綺麗でした。
ミンソンssi自身が凄く綺麗な体だったし 
あまりいやらしさも感じず ← いや、結構そこまでするのかって気もしたけど
・・・・・・あとは 結構、時間が長かったような(爆)
今まで10年もの間 
女性を隠して男性になりすまし絵師をしていた、という閉塞感の中で
自分の手で外に開放してあげた「籠の中の鳥」を 自分と重ねていたんでしょうね。
私は女なんだ、という開放感とともに
女としての幸せが 綺麗に描かれていた気がする。
てか その前に出てきた、あの体位のシーンの方が どギツ過ぎて^^;
とても子供と一緒には見れない映画だと つくづく思った><


それにしても カンムの死刑執行シーン、目を覆いたくなる><
あれって 四肢裂きの刑だよね。手足を牛が引っ張って。
そして 落ちたら うじ虫が湧いてる竹の先に・・・・(  )ノ_...
考えただけでも気持ち悪すぎる (ーー;)


ユンボクの師匠であるキム・ホンド、最初は寛容な師匠だな~と思ってましたが
その裏で ユンボクの事をそんな風に見ていたとは。
なんだかな~ 覗き見して、
興奮したのか嫉妬心なのか^^;ソルファも可哀そう。
でも可哀そうと思ってしまったソルファも ユンボクの事バラしてしまうし。


挿入歌が せつなかったです。




















2011-05-19 23:27 / Comment:0 TrackBack:0   ▲ TOP



コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/786-2cae9de6









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。