2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP





         見ました^^
















何だこの汚い気分は…

都市生活に嫌気がさしたヘグクは
20年間縁を断って暮らしていた父の訃報を聞いて
父が暮らしていた田舍の村をたずねる。
ところが今日初めてヘグクを見た村の人々は 一様にヘグクを警戒するが..

私がここにいてはいけない理由でもありますか?

父の葬礼を終えて用意された夕食。
まるでヘグクが去ることを祝うために集まったような村の人たちに
ヘグクは’ソウルに発たないでここに残って暮す’と宣言する。
瞬間、村の人々の間には妙な雰囲気が漂い、
彼らの中心で黙っていた村長は そうしなさいといいながらヘグクの定着を許す。

ここ、この人々は一体何?

村長チォン・ヨンドクの一言に 忽ち態度がうって変わった村人たち。
見かけは平凡な田舍の年寄りだが、
薄気味悪いカリスマで村のすべてを見透かしているような村長と
彼を神のように従う村の人々。
ヘグクには ここの人々が皆疑わしく見えるが…

[脚  本] カン・ウソク
[監  督] カン・ウソク
[キャスト] チョン・ジェヨン、 パク・ヘイル、 ユ・ジュンサン、 ユソン、 ホ・ジュノ


画像 あらすじは BUNKAKOREAより出処。


■ 日本公式サイトは こちら。








見終わりました。
これ 映画祭の受賞で話題になった映画だったので
ずっと気になってて 機会があれば見たい映画だったの。
鑑賞された方の感想としては 賛否両論分かれるようですが
私は 面白かった! 
ええ。 もちろん 可笑しい面白さではなく、惹きこまれる方の面白さです。
見終わって気づいたけど これって3時間近くもある作品だったんだ@@
実をいうと 2~3日に分けて ようやく見終わったって感じです^^;
観てる途中で 雑用で中断したり>< 寝る時間になっちゃったり><
・・・・など やれやれ。
一気に観てたら きっと3時間近くという時間なんて 全く忘れてたかも。


では キャストを。










チョン・ヨンドク役に チョン・ジェヨン。
いや~ ジェヨンssi 「凄い」としか言いようがない^^;
20年後の宇宙人かと思ってしまうような老人メイクにも 
正直、ビックリしたけど (肌とかもリアル@@)
姿勢、歩き方、話し方などなど、役になりきるために研究なさったんでしょうね。
最期も衝撃的だった。
けど 何が一番印象的って あの「目」が~><
ストーリーは全く予習してなかったとはいえ
最初から 欲の塊のようなヨンドクには私も注目。
俳優として 年々、どんどんと深みを増していくジェヨンssi。
まだまだ 次はどんな役で?・・・・と 気になる。

ユ・ヘグク役に パク・ヘイル。
私の場合 映画[菊花の香り」のイメージがいまだに強く
ここ最近 映画[グエムル~漢江の怪物]で そのイメージも薄らいできたのだけど
童顔と役のギャップといいますか、
もっと ヘイルssiの隠された(?)色々な顔が見てみたいな~と思った。

パク・ミヌク役に ユ・ジュンサン。
お初かな? というワリには 全然そういう感じもなく・・・
このミヌクの検事姿を見て 
ちょっとキム・ソンスssiに似てると思ったのは 私だけでしょうか。 
あれれっ。結構、ドラマにも出演されてるんですね@@
唯一私が見た出演作品は 映画[リターン]だった。 でも記憶が~><ない
終盤にかけて 検事としての本能というのか、ヘグクへの友情心なのか
悪に対しての正義感が カッコ良かった。

イ・ヨンジ役に ユソン。
綺麗な女優さん。 ・・・が 私の第一印象。
辛い過去をモッキョンが癒してくれ、ヨンドクが復讐してくれたと言うヨンジ。
地味で幸薄そうなヨンジ。 今思えばキーポイントだったのに^^;
ラストの数秒間の微笑みの表情。 上手かったです。 

ユ・モッキョン役に ホ・ジュノ。
ジュノssiが出てくるとは 全く予想だにしてなくて^^;
それも 聖イエス・キリストのように崇拝される役。
序盤の裸体にビックリした@@
検索しててどこかの記事で読みましたが この役のイメージを守るため
記者会見やインタビューは欠席されたそう。
確かに・・・。 

キム・ドクチョン役に ユ・ヘジン。
ん~~~~~ やはり上手いです、ヘジンssi。
下記でも触れてますが 脇役でも主役を食ってしまうようなシーンがあって
こっちまで 血圧あがりそうだった。

チョン・ソンマン役に キム・サンホ。
この方も 映画で度々お目にかかりますが
脇役ながら味のある俳優さんですよね。

ハ・ソンギュ役に キム・ジュンベ。
この独特な低い声と 悪人顔。
そうだった@@ 最近見たドラマ[逃亡者PlanB]にも出演してたんだった!
その時も 誰だっけ~( ̄~ ̄;) ウーン・・・と思ってたんだけど
映画[野獣]にも出てたんだっけ。
演劇(ミュージカル)出身の役者さんて 本当に実力のある俳優さんが多い。

その他 地検長役に カン・シニル、 
サムドク祈祷院長役に イ・チョルミンもお目見え。



・・・・・・・・・・・・と こんな感じです。










あの中盤の ヨンドクとの関係を 鬼気迫るような興奮ぶりで話すドクチョン。
それを一部始終、地下への入り口の隙間から覗くヨンドクの目。
怖かったですね~><
この映画は 凄い役者さんの顔ぶれとはわかっていても
このシーンを見てしまうと つくづく 素晴らしいと思ってしまう。


終盤、パク・ミヌクが一斉捜査に乗り出すシーンは 目が離せなかった。
一斉に動き出すパトカーの鳴り響くサイレンに「あ~ いよいよ動いたか」と。


ラストはね~
もしかして ヘグクとヨンジがイイ仲に?と思いそうになったんだけど
見落としていたというか まんまとしてやられた感が ><
ヨンジの 微笑→冷淡な微笑の変化に だいぶゾクっときた。
(。´-ω・)ン? ・・・と 正直、最初はイマイチちゃんと把握できず
後味の悪い余韻だけを残して エンドロールに突入してしまったんだけど
(この、視聴者それぞれの感じるままに・・・と 
      視聴者に結末を委ねるような感じが 嫌だな~と思いつつも 案外好き(笑))

また 序盤を見返しちゃった。
   「目には目を 歯には歯を 手には手を
             足には足で返すべきである

そういえば 序盤、ヨンジが持っていた聖書のこの部分に 赤線が引かれてましたね。
村全体を一望できる、今は亡き村長の家で作業員に指示をし
「今頃気づいたの?」的な含みのある微笑で ヘグクを高々と見下ろす姿。
一見 これから生まれ変わろうとするかのような
穏やかで 子供の笑い声が溢れる明るい村も
奥底には まだ黒い濁りがはびこってるような気が・・・・・


シーン毎の音楽も また 惹きつけられる効果が出てました。









■ Trailler










2011-06-14 23:10 / Comment:0 TrackBack:0   ▲ TOP



コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/790-fa60dde4









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。