2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP


 韓ドラ視聴は一時停止中。










■ はつ恋 NHK公式サイト



ここ最近は NHKのドラマ「はつ恋」を
毎週楽しみに視聴しておりました。 

最初は キャストの俳優陣の名を見て
大人の恋愛ドラマなのかしら、程度に気になっていた位だったんだけど
周囲の評判が凄く どれどれ・・・と一気に第5話まで視聴。
「何これ。韓国ドラマみたい?」って思うほど 最初からのめり込んだ。
でも 回が進むにつれて 韓国ドラマとは全く違うのよね。
微妙な心理の変化などの描き方が 凄く凄く繊細で。
ロケ地の富士山も綺麗だし。 
はつ恋の思い出の公民館のピアノのシーンも凄く綺麗だった。


そしてなんといっても やはり俳優さん達が良かった。

緑役の木村佳乃さん。
今までドラマとか見てても 「ふ~ん」って感じで
何気なく見過ごす感じだったのが
このドラマで すっかりイメージが変わった。
確か 最近お子さんが生まれたばかりですよね。
それを全く感じさせないほど こんなに難しい緑の役を。
潤ちゃんといる時は 明るく家事も仕事もこなす妻、母の顔なのに
三島と会うときは 完全なる一人の女の表情。
すっぴんも綺麗ね、ナチュラルだし。
好きな女優さんになりました。

そして 三島役の伊原剛志さん。
以前から色気のある俳優さんで素敵な俳優さんだなとは思っていましたが
このドラマで久々に拝見して なんかイイ年齢の重ね方してるな~と。
いまだに なんら渋さは変わってない。
スーパードクターのオーラ漂う三島と 
倒れてからの、後姿の背中が寂しそうな三島。
う~~ん せつない。

そして 潤ちゃん役の、今回初めて名前を知った青木祟高さん。
潤ちゃんこそ一番せつなく、やるせない役だったかも。
緑と三島の関係への不安や苛立ちを隠しつつ 
それでもギリギリまで幸せな家庭を守ろうとし
そして 遂に一気に爆発してしまった時の潤ちゃんの気持ち。
胸が痛いし リアルな演技だった。
素敵な俳優さんでした。 
もっと他の作品でもお目にかかりたいなぁ。

その他にも 緑のお父さん役だったり
カンニング竹山さんだったり(広瀬役はハマってた)
大竹まことさんだったり 脇役の俳優さん達も良かった。
健太君役の子役さんも可愛かった。


このドラマって タイトル&テーマは「はつ恋」だけど
見る側の立場によって 色々な見方や思いがあると思う。
ストーリーの中に 避けて通れない不倫という泥々した展開もあるし。
男女それぞれの想いや 独身、既婚、子供がいる、いない、
・・・などによっても 見方はさまざまなんだろうけど
誰もが 緑や三島、潤ちゃんのいずれかに
共感したり 肩入れしてしまう部分があるのでは。
私は 3人それぞれの角度から見てましたが
最終的には ドリに応援してたなぁ。 
現実的には小心者なので 子供を置いてまで
思いのままに突き進むのはありえないけど。ドラマだし~(笑)
先週の7話、今日の最終話の8話と
なぜか TVの音量を低くし、
一人コソコソ~っと見てた自分に笑える^^;

最終話は号泣。(┯_┯)
8話という、私にとっては短い連続ドラマにもかかわらず 
濃厚な時間を過ごさせていただきました。
ラストの緑の父が、2人の肩に手を置く姿が印象的でした。
毎週、エンディングに流れるMISIAの曲も 
ドラマの余韻を楽しみながら聴けて良かったです。








 


2012-07-18 01:08 / Comment:0 TrackBack:0   ▲ TOP



コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/842-552d7798









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。