2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP



[原作] 三浦しをん
[監督・脚本] 大森立嗣
[キャスト] 瑛太、松田龍平、鈴木杏、柄本佑、
       岸辺一徳、本上まなみ、高良健吾、他



東京郊外のまほろ市に住む多田啓介は、
駅前で便利屋を営む真面目な青年。
バツイチの彼は、拭えない過去を持ちながらも地道に仕事をこなしている。
ある年の正月、仕事からの帰り道で、
別の依頼人から預かったチワワを見失ってしまう。
必死に探す多田は、バス停でチワワを抱いている男を見つける。
その男は中学時代の同級生、行天春彦だった。
よくしゃべる男に変貌していた行天は、
事情も告げず「今晩泊めてくれ」と多田に頼む…。






新年最初の視聴は邦画!(;・∀・)
まだ視聴中の韓ドラが停止のままなのに(ノ∀`)

ヤフトピに 瑛太が今クール同時出演の文字を見つけて
なんだか嬉しくなっちゃったのよね。 久々だし^^
一つは「夫婦」がテーマの作品で
共演者が尾野真千子、真木よう子、綾野剛・・・といった
今、旬な 私の好きな顔ぶれだし
もう一つが、今日鑑賞した映画「まほろ駅前多田便利軒」の
続編となってる感じだそーじゃないのw ← テレビ東京だけどね(つд⊂)エーン
で、前から見ようと思ってて
なかなか見れなかったこの映画を早速鑑賞♪
言うなれば、私の中でのちょっとした瑛太祭り(笑)







ん~ この映画、私は好き^^
まったりというか、ちょっとダルい雰囲気ではあるんだけど
瑛太と松田龍平の独特なコンビ感がいいなぁ。

瑛太演じる多田と、松田龍平演じる行天は
2人ともそれぞれ、過去の古傷を抱えひきずってるんだけど
行天が居候し始めてから それぞれ互いの過去を少しずつ知り
不器用な男の友情が芽生えるのよね。

2ヶ月おきに1年を通したストーリーになってるんだけど
多田便利軒に依頼される仕事がその時々に違ったりして
それも飽きなかった理由のひとつかも。
まったりしてる雰囲気の中にも、
時々( ̄w ̄)プッ と笑えるトコロもあるし ジ~ンとくるトコロもあり。
エンディングの曲で 気持ちがほんわかとなった。

他の共演者の俳優さんも 皆個性的な方ばかりで
特に 柄本佑(柄本明の息子さん)や、岸辺一徳の独特な演技は
この映画をひきしめてくれるスパイス的な感じでいいなぁ。

この作品の大森立嗣監督、
俳優の大森南朋の実兄だったんですね^^
もちろん 大森南朋もチラっとですが 出演されてました。









2013-01-03 00:15 / Comment:0 TrackBack:0   ▲ TOP



コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/851-a6a1a1d4









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。