2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- /   ▲ TOP




[脚本・監督] 森田芳光
[キャスト] 松山ケンイチ、瑛太、貫地谷しほり、村川絵梨、ピエール瀧




のぞみ地所の社員、小町圭(松山ケンイチ)と
コダマ鉄工所の二代目、小玉健太(瑛太)は、ともに鉄道を愛する者同士。
ふとしたきっかけで出会った2人は、すぐに仲良くなる。
住まいにも、鉄道が見える景色“トレインビュー”を追求する小町は、
コダマ鉄工所の寮に入居したものの、やがて九州支社に転勤することに。
転勤先の九州では、大手企業の社長(ピエール瀧)をなかなか口説き落とせず、
のぞみ地所は苦戦していた。
ところが、社長も鉄道ファンだったことから、
小町や小玉と意気投合。事態は一気に好転する。
仕事も趣味も順調そのもの。
これに対して、恋の方は思ったように進展せず、2人は途方に暮れていたが……。






タイトルとポスター画像から見る限り
「鉄道マニアの2人の話かな」とは想像がついてたけど
冒頭から眠くなりそうな予感^^;
・・・・・が 結果、最後まで寝ずに鑑賞しました( ̄▽ ̄)b







松ケン演じる小町が、
九州に転勤になった辺りの中盤から面白くなってきたのよね。
もちろん映画なので このストーリーのように
偶然が偶然を呼んで・・・って、そうそう上手い具合にいかないけど
人と人との縁って大事にしなきゃな~と、思わずにはいられない。

鉄道マニア(オタクというべき?)には
惹きつけられるだろう画もふんだんにあったし、
鉄道には疎い私でも 電車やバス、車(運転手じゃない時)に乗ると
車窓から見える景色を、できれば一人で楽しみたいタイプ。
なので、もし一人で上京する機会がある時は
思いっきり楽しみたいな~、
小町のように音楽聴きながら窓の外を眺めるのも素敵♪ 
・・・と、一人ワクワクする(笑)
鉄オタといっても、一見興味のない人には引かれるかもしれないけど
ある一つの事を極めるのと一緒で
考えてみりゃ、韓ドラ好きな私だって
他人にはオタクと思われてるかもね(爆)

松ケンは 今では大河に出るまでになって ← 視聴率は関係なく
同県出身ということもあり、活躍を応援してるし凄いなぁ~とも思う。
瑛太は、その役にハマってるか、ハマってないかは別として ← あれ^^;
色々なキャラクターが見れて面白い。
演技力のあるそれぞれ違う魅力を持った二人が共演・・・ってだけでも
見れて良かったかな。
ちなみに、この作品が森田芳光監督の最後の作品となりました。
まだお若かったはずの一昨年の突然の訃報には、驚いたとともに残念でした。








2013-01-05 00:42 / Comment:0 TrackBack:0   ▲ TOP



コメント非表示
TrackBackURL↓
http://zoom33.blog10.fc2.com/tb.php/853-fe457817









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。